スポンサーリンク

生きくらげのおすすめの冷蔵・冷凍保存方法は?賞味期限やカロリーについても

コリコリとした弾力ある食感が魅力で、様々な料理にも合う生きくらげ

そんなきくらげを使う時に保存方法はどのようにされていますか?

今回は、生きくらげの

冷蔵保存方法

冷凍保存方法

賞味期限

カロリー

についてご紹介します!

スポンサーリンク

生きくらげの冷蔵保存方法は?

生きくらげの冷蔵保存は、すぐに取り出して調理できるメリットがあります。

保存期間は最大1週間です。

生きくらげの冷蔵保存方法はこちら↓↓↓

①生きくらげを洗い、キッチンペーパーでしっかりと水気をふき取る。

②乾燥しないようラップで小分けしてから、保存容器や保存袋に入れて冷蔵庫で保存する。


調理する際には、食べる1日前に水に入れて冷蔵庫に置いておき、翌日に取り出し加熱調理してくださいね。

https://twitter.com/Nihon_Kikurage/status/1506767530937171971?s=20&t=7hA3A0T-p8fUgyO5cXJl4A

生きくらげの冷凍保存方法は?

冷凍保存は、1週間以内に生きくらげを消費するのが難しい人や、大量に生きくらげが余っている人におすすめです。

解凍後の使い勝手を良くするために、予め加熱処理しておくと便利です。

生きくらげの冷凍保存方法はこちら↓↓↓

①お湯で生きくらげを30秒ほど茹でる

②氷水で生きくらげを浸し粗熱を冷ます

③キッチンペーパーで水気をふき取り食べやすくラップで小分けして冷凍保存

冷凍した生きくらげは、凍ったまま調理や自然解凍してから調理しましょう。

生きくらげの賞味期限は?

生きくらげの賞味期限はこちら↓↓↓

生キクラゲは、野菜と同じ生鮮食品にあたるので、賞味期限は明確には決まっていないようです。

冷蔵保存の場合は、生きくらげの賞味期限は購入してから約1週間が目安です。

冷凍保存の場合は、購入して1ヶ月くらいで食べ切るといいでしょう。

生きくらげは収穫してから時間が経つことで、どんどん栄養機能成分が少なくなってしまうので、なるべく新鮮なうちに食べきるのがおすすめです。

生きくらげのカロリーは?

肉厚でプリプリとした食感が楽しめる生きくらげは、約90%が水分でできています。

生きくらげのカロリーはこちら↓↓↓

100gあたり14Kcal

ちなみに、乾燥きくらげのカロリーは184Kcalとなっているので、低カロリーな生きくらげはダイエット中にもってこいの食材です。

カロリーを気にせずたくさん食べられるのは嬉しいですね!

まとめ

今回は、生きくらげの冷蔵・冷凍保存、賞味期限やカロリーについてご紹介させていただきました!

 

・生きくらげの冷蔵保存方法は①生きくらげを洗い、キッチンペーパーでしっかりと水気をふき取る。②乾燥しないようラップで小分けしてから、保存容器や保存袋に入れて冷蔵庫で保存する。

・生きくらげの冷凍保存方法は①お湯で生きくらげを30秒ほど茹でる②氷水で生きくらげを浸し粗熱を冷ます③キッチンペーパーで水気をふき取り食べやすくラップで小分けして冷凍保存

・生きくらげの賞味期限の目安は、冷蔵保存は購入してから約1週間、冷凍保存の場合は、購入して1ヶ月くらい。

・生きくらげのカロリーは100gあたり14Kcal

 

旬の時期に生きくらげをたくさんGETできたら、ぜひこの方法で保存して楽しんでくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました