スポンサーリンク

パンを美味しく温め直しする方法~電子レンジ・フライパン・トースターの比較

パンを美味しく温め直しする方法を知っていますか?

上手に温め直し(リベイク)できたパンは、まるで焼きたてのように美味しく食べることができます。

今回は、パンを美味しく温め直しする方法を紹介していきます!

スポンサーリンク

パンを美味しく温め直しする方法

時間が経ったパンを美味しく温め直すには、こんな方法があります。

電子レンジ

フライパン

トースター

オーブン

蒸し器

電子レンジ、フライパン、トースターあたりは手軽に使えそうな調理家電ですよね。

パンを美味しく温め直すには、

水分を逃さない

高温で短時間で

というのもポイントのようです。

電子レンジで温め直しする方法

電子レンジでパンを温め直すには、ちょっとしたコツがあります。

パンをお皿に乗せてそのまま温めると、水分が蒸発して固くなり、美味しくありません。
かといって、ラップをかけるとしんなり、フニャッとしてしまいます。

このように、本来であればパンの温め直しに電子レンジは向かないのですが、ひと工夫するだけで、美味しく温め直しできます。

濡れ布巾でパンを包む

濡れ布巾でパンを包むことによって、パン内部の水分を逃さず、濡れ布巾から出る水蒸気もパンをふっくらとさせてくれます。

軽く絞った濡れ布巾でパンを包んでから電子レンジに入れ、600wで20秒ほど温めます。
温めが足りない場合は、10秒ずつプラスして様子を見てください。
濡れ布巾が手間だと感じる方は、キッチンペーパーでもOKです。

フライパンで温め直しする方法

フライパンでパンを美味しく温め直すことができます。

フライパンを使う場合は、少量の水をつかいます。

強火で熱したフライパンにパンを入れ、大さじ1〜2の水を入れて、フタをしてそのまま強火で1分ほど温めればOKです。
パンに厚みがある場合、深型のフライパンを使いましょう。

水がパンにかかるのが心配な場合は、アルミホイルやクッキングシートを敷いて、その下に水を入れるようにしてください。
※ガスコンロの場合、クッキングシートは燃えるのを防ぐため、フライパンからはみ出さないようにしましょう。

トースターで温め直しする方法

トースターでもパンを美味しく温め直すことができます。

パンといえば、やはりトースターですよね。

トーストでパンを温め直しする方法を2つ紹介します。

①アルミホイルでパンを包む

アルミホイルでパンを包むことによって、水分が蒸発するのを防いでくれます。

予熱したトースターにアルミホイルで包んだパンを入れて、5分ほど温めます。

②トーストスチーマーを使う

トースターに入れて一緒に焼くだけで、トーストが美味しくなると話題のトーストスチーマーを知っていますか?

トーストスチーマーは食パンのトーストだけでなく、パンの温め直しにも使えます。

トーストスチーマーを水に浸したら、パンと一緒にトースターで5分程度温めるだけでOKです。

トーストスチーマーから水蒸気が出て、中はふっくら、外はカリッとさせてくれます。

トーストスチーマーはニトリやホームセンター、ロフト、100均などで売っていて、スプーン型の水を入れるタイプもあります。

トーストスチーマーは通販でも購入できます
↓↓↓

オーブンで温め直しする方法

オーブンでもパンを温め直すことができます。

オーブンを予熱で温めておく

予熱しないと、庫内が温度が上がる前にパンの水分が蒸発して美味しく温め直せません。

200度くらいで予熱しておき、クッキングシートを敷いた天板にパンを乗せて5分ほど温めます。

予熱が必要、天板を用意する、オーブンの上にトースターを乗せていたらよける、というように手間がかかるのがデメリットでしょうか。

蒸し器で温め直しする方法

蒸し器でもパンを美味しく温め直すことができます。

お家に蒸し器があるなら、パンの温め直しにぜひ一度使ってみてください。
中華まんのようにふわふわになりますよ。

蒸し器の水を沸騰させたらクッキングシートを敷いてパンを入れてフタを閉め、1〜2分温めればOKです。

水滴がパンに落ちないように、フタを布巾で包みましょう。

蒸し器を使った温め直しは、食パンやロールパンなど、ふわふわが美味しいパンにおすすめです。
カレーパンやクロワッサンなど、サクサクさせたいパンには向きません。

パンの温め直しの比較

ここまで紹介したパンの温め直しの方法で、どれが簡単にできそうでしょうか。

水分を逃さないために、予熱をしたり、濡れ布巾やアルミホイルで包んだりといった、ひと手間をかける必要がありますね。

蒸し器でふわふわに仕上げるのも魅力的ですが、対応するパンが限られいます。

オールマイティ且つ簡単にパンの温め直しができるのは↓↓↓

トースタートーストスチーマー

トースターの予熱をしている間に、トーストスチーマーを水に浸してパンを準備するという、簡単ステップです。

トーストスチーマーは100均でも売っていて、サステナブルに使えるので毎回アルミホイルでパンを包むよりも、長い目で見れば経済的ですよ。

パンを美味しく温め直しする方法~まとめ~

ここまで、パンを美味しく温め直す方法について紹介させていただきました。

パンの温め直しは、電子レンジやフライパン、トースターなど手軽な方法でできます。
中をふわふわのパンに温め直すには、アルミホイルで包むなど、水分を逃さないためのひと工夫をしましょう。
パンの種類に合わせて、トースターや蒸し器などを使い分けてもいいですね。

正しい温め直しの方法で、美味しいパンを食べてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました