スポンサーリンク

カツレツととんかつの違いとは

カツレツととんかつの違いとは

この記事では

・カツレツとは

・とんかつとは

・カツレツととんかつの違いとは

・ミラノ風カツレツってなに?

・カツレツに合うソースはなに?

についてまとめました。

結論

カツレツととんかつの違い
肉の種類と調理法の違いです。

カツレツとは「コートレット」というフランス料理を日本風にアレンジした料理。仔牛の薄切り肉を使用し、細かなパン粉をつけ、少ない油で揚げ焼きにして作られます。

とんかつとは、カツレツの一種であり、豚肉のみを使用。小麦粉・溶きパン粉をつけ、たくさんの油で揚げた料理。

スポンサーリンク

カツレツとは

カツレツとは、仔牛の薄切り肉に細かいパン粉をつけ、少ない油で揚げ焼きにした料理です。カツレツはフランス料理の「コートレット」を日本風にアレンジしていて、コートレットの和訳「cutlet(カットレット)」からカツレツと名付けられました。

コートレットは仔牛にパン粉をつけ、バターで炒め焼きにしてデミグラスソースをかけて食べるのが主流です。日本風にアレンジされたカツレツは、仔牛以外の手に入れやすい豚肉・鶏肉を使用したり、炒め焼きではなく揚げ焼きにして作られます。日本でもデミグラスソースをかけて食べるのが一般的です。

とんかつとは

とんかつとは、カツレツを更に日本風にアレンジした日本の代表料理です。厚切りの豚肉(ロース・ヒレ)のみを使用し、小麦粉・溶き卵・パン粉をつけ、たくさんの油で揚げて作ります。豚の音読み「とん」とコートレットの和訳「カットレット」を略してとんかつと呼ばれるようになりました。

厚切りのジューシーななお肉と、サクッとした衣が特徴。千切りキャベツを添えて、とんかつソースで食べるのが一般的ですが、「カツカレー」や「かつ丼」など、とんかつを使った料理も親しまれています。

カツレツととんかつの違いとは

カツレツととんかつの違いとは、肉の種類と調理法の違いです。

カツレツはフランス料理「コートレット」を日本風にアレンジした料理で、仔牛肉の他にも薄切りにした豚肉・鶏肉を使用し揚げ焼きにします。一方とんかつは、カツレツを更に日本風にアレンジした料理で厚切りの豚肉のみを使用。小麦粉・溶き卵・パン粉をつけ、たくさんの油で揚げます。

カツレツはデミグラスソースをかけて食べ、とんかつはキャベツを添えてとんかつソースで食べるのが一般的です。どちらもサクサクした食感ですが、カツレツは薄切りのため歯切れが良く、とんかつは厚切りのため歯ごたえがありジューシーです。

カツレツを更に日本風にアレンジしたのがとんかつですが、さらにアレンジが進み「かつ丼」「かつサンド」「かつカレー」「みそかつ」などとんかつを用いた料理が定番化されアレンジも豊富です。

ミラノ風カツレツってなに?

ミラノ風カツレツとは、イタリア・ミラノの名物料理「コトレット・アラ・ミラネーゼ」のことを指します。ミラノ風カツレツは一般的なカツレツと同様、仔牛肉を薄く叩きのばし揚げ焼きにします。しかしミラノ風カツレツは、通常のサクッとしたカツレツと違い、粉チーズを加えキメの細かいパン粉をつけ、カリっと仕上げます。多めのバターで焼き上げ、ソースはかけずにそのままの味を楽しみます。

カツレツに合うソースはなに?

カツレツに合うソースといえば、ケチャップ・ウスターソース・醤油・砂糖で作るデミグラスソースが一般的です。ほかにも、トマトソースにウスターソースやケチャップを混ぜ合わせたミラノソースや、レモンとタルタルソースを添えて食べたりなど、ソースを変えるだけで様々なバリエーションのカツレツが楽しめます。是非お試しください。

タイトルとURLをコピーしました