スポンサーリンク

冷めたピザを美味しく温め直しする方法~電子レンジ・フライパン・トースターの比較

冷めたピザを美味しく温め直しする方法を知っていますか?

デリバリーしたピザが余ってしまったとき、夜食や次の日に食べることもあると思います。

ただレンチンするだけだと、ピザ生地がしんなりして美味しさ半減・・・とがっかりしますよね。

せっかくなら美味しく食べたい!という方に、冷めたピザを美味しく温め直しする方法を6つ紹介していきます!

スポンサーリンク

冷めたピザを美味しく温め直しする方法

冷めたピザを美味しく温め直すには、こんな方法があります。

電子レンジ

フライパン

トースター

グリル

オーブン

アルミホイル

どこの家にもある調理家電を使いますが、どんな風に使えば冷めたピザを美味しく温め直すことができるのか、1つずつ見ていきましょう。

電子レンジで温め直しする方法

電子レンジでピザを美味しく温め直すことができます。

ただし、ちょっとした工夫が必要になります。

そのままチンするだけではピザ本来の美味しさが半減してしまいます。

ピザ生地がしんなりする

表面が乾燥してしまう

こうなったピザは美味しいとは言えませんね。

電子レンジでピザを温め直すのに必要なちょっとした工夫とは↓↓↓

水を入れたコップと一緒に入れる

耐熱性のコップに少量の水を入れ、ピザと一緒に電子レンジに入れて600wで30秒ほど温めればOKです。

水蒸気の力で生地が乾燥するのを防いで、ふっくらと仕上がります。

残念ながら焼きたてのピザのようなカリッと感は出せないので、短時間で温めたいときに電子レンジを使うといいですね。

フライパンで温め直しする方法

フライパンでピザを美味しく温め直すのも、ちょっとしたコツがあります。

答えはこちら↓↓↓

アルミホイルかクッキングシートを敷く

少量の水

アルミホイル、クッキングシートは焦げ防止のために使います。
※ガスコンロの場合、クッキングシートは燃えるのを防ぐため、フライパンからはみ出さないようにしましょう。

電子レンジと同じく、水を使います。

熱したフライパンにアルミホイルもしくはクッキングシートを敷いてピザを乗せ、中火で2~3分温めたら、大さじ2くらいの水をアルミホイル(クッキングシート)の下に入れて、弱火で1分ほど温めればOKです。

※水がピザにかからないように気をつけましょう。

大きめのフライパンだと、ピザを丸々1枚温められますよ。

トースターで温め直しする方法

トースターでもピザを美味しく温め直すことができます。

温め直しといえば、手軽なトースターを使う方が多いのではないでしょうか。

200~220度(1,000w)で余熱したトースターにピザを入れたら、アルミホイルを被せて5分ほど温めます。
アルミホイルを被せることによって、水分の蒸発を防いで外はカリッと、中はふっくらになります。
トースターは場所によって焦げやすいところがあるので、途中で一度位置を入れ替えると均一に仕上がります。
※底が焦げないように火加減を調整しましょう。

グリルで温め直しする方法

魚焼きグリルでもピザを美味しく温め直すことができます。

余熱したグリルにアルミホイルを敷いてピザを乗せ、弱火で5分ほど温めればOKです。

魚焼きグリルは火力が強く、とくに両面焼きグリルは上からも下からも加熱されるので、適度に水分が抜けて生地がパリッと仕上がります。

グリルにピザが入るようにカットする必要があります。

オーブンで温め直しする方法

オーブンでもピザを温め直すことができます。

トースターと同じく200~220度で余熱しておき、天板にクッキングシートを入れてピザを乗せたら、5分ほど温めます。

余熱が必要、天板を用意する、オーブンの上にトースターを乗せていたらよける、というように手間がかかるのがデメリットでしょうか。

アルミホイルを使う方法

電子レンジ以外でピザを温める場合、アルミホイルを使うのがおすすめです

アルミホイルを使うと、こんないいことがありますよ。

焦げたりくっつくのを防ぐ

水分をキープしてふっくらと仕上がる

洗い物が楽になる

クッキングシートより安価な点もいいいですね。

冷めたピザを美味しく温め直しする方法~まとめ~

ここまで、冷めたピザを美味しく温め直す方法について紹介させていただきました。

冷めてしまったピザはどこの家庭にもある調理家電に少しの工夫で美味しく温め直すことができます。
トースターやフライパン、グリルではアルミホイルを活用すると、焦がさずにふっくらと仕上げることができます。

自分の使いやすい調理家電を使って、冷めたピザを焼きたてに復活させましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました