スポンサーリンク

【たこ焼き】タコの代わりに「こんにゃく」や「ちくわ」?いろいろな具材でタコパを楽しむ!

家族や友達とたこ焼きパーティーをしよう思ったら、今日に限ってスーパーにタコがない途中でタコが足りなくなった…なんてことはありませんか??

いつもとは一味違うたこ焼きを楽しめる、おすすめのタコの代わりについて、

タコの雰囲気を出す海鮮具材

お子さんも喜ぶ具材

食感がタコっぽい具材

など、紹介していきます!

スポンサーリンク

イカやエビなどシーフードがおすすめ!

タコっぽさを求めるなら、やはりイカエビなどシーフード感を出せる具材がおすすめです。

イカ

タコに食感が似ているので、スーパーにタコが並んでいなかったときは、迷わずイカをGETしましょう。

エビ

食感こそ違いますが、海鮮風味が味わえ、ちょっとオシャレなたこ焼きになります。

シーフードミックス

タコが足りなくなったとき、冷凍庫にストックがあったら解凍して使いましょう。

アサリやイカ、エビなど、何が出てくるのか楽しみなたこ焼きができます。

小さく切って、必要なものは加熱しましょう。
https://twitter.com/takutobass/status/1507361447864827905?t=Ul2Lql5e9-ZTV0_B7uYkFQ&s=19

チーズにウインナー、子どもが喜ぶ具材がおすすめ!

お子さんはチーズウインナーといった、普段食べている具材の方がたくさん食べてくれることもあります。

チーズ

大人にも好まれるチーズは、しっかり生地で包んでとろけるチーズを味わったり、焼いているうちに溶け出たチーズに焼き目がついてもおいしいです。

おつまみ感もあり、大人の方にはビールやワインに合います。

ウインナー

子どもが大好きなウインナーは食感もあるのでタコの代わりにおすすめです。

ベーコンハムもいい味が出ます。

コーン

コーンの甘みとつぶつぶ食感が楽しめます。

https://twitter.com/miyuki_yama/status/1507569876608507905?t=LjkYKPHS3a2Q-mY94DUmmQ&s=19

 

チーズやウインナーなど、具材をミックスして入れるのもいいですね。

こんにゃく、ちくわなど食感でタコっぽさを出すのがおすすめ!

タコ特有のグニッとした食感を感じると、タコがなくてもたこ焼きらしさが出ます。

こんにゃく

固めの食感はタコに似ているので、タコがないときはこんにゃくを小さくカットしてタコの代わりに入れましょう。

ちくわ

少し柔らかい食感ですが、魚が原材料なので、海鮮風味も出せます。

他に、かまぼこやカニカマも合います。

キムチやおもちなど、意外と相性の良い具材がおすすめ!

タコパをするなら、ずっと同じ味のたこ焼きを食べていたら、すぐおなかいっぱいに感じてしまうかもしれません。

そんなときは、タコらしくない具材で新しいたこ焼きを作り、タコパをさらに盛り上げていきましょう!

キムチ

辛みとシャキッとした食感が楽しめ、お酒に合います。

チーズを一緒に入れてもいいですね。

おもち

https://twitter.com/kaeru_kero8/status/1506272644899155968?t=CdRzZ65Xc_SxyIs7sOYPAw&s=19

鍋用の薄いおもちを入れると、食べたときにおもちが伸びて楽しいです。

お好み焼きにもおもちを入れることがあるので、粉ものとおもちの相性は良いようですね。

缶詰

肉系を入れる場合、切ったり加熱したり下準備がありますが、焼き鳥や牛スジなどの缶詰は、手軽に入れられます。

味もしっかりついているので、ソースなしでも食べられます。

日清製粉オコタコキッチンでアレンジたこ焼き

たこ焼き粉お好み焼き粉を製造・販売している日清製粉の公式サイト内のオコタコキッチンでは、いろいろなレシピが紹介されています。

玉ねぎとツナのたこ焼きや、ケチャップをかけて食べる玉ねぎとチーズのイタリアン風たこ焼きなど、たくさんのレシピが載っていて、タコパが楽しくなりそうですよ。

→オコタコキッチンのレシピはこちらから

まとめ

ここまで、たこ焼きのたこの代わりに使える具材について紹介させていただきました。

タコの海鮮風味や食感を出したい、子どもが喜びそうなものを作りたいなど、タコの代わりになる具材はたくさんあります。

我が家のタコパはいつものたこ焼きだけじゃない♪オリジナルたこ焼きをみんなで作って楽しみましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました