スポンサーリンク

ミントとハッカの違いとは

 

 

 

 

ミントとハッカの違いとは

この記事では

・ミントとは

・ハッカとは

・ミントとハッカの違いとは

についてまとめました。

 

結論!ミントとはシソ科ハッカ属の植物の総称であり、ハッカはミントの中でも日本で自生する和種のものをさします。

ハッカはミントの一種であります。

また、ミントはメントール以外にも芳香成分が含まれていますが、ハッカの成分はほとんどがメントールのため、爽快感が強く感じます。

 

スポンサーリンク

ミントとは

ミントはシソ科ハッカ属の総称で、ハーブの一種です

非常に種類が多いのですが、その中でも代表的なものが、

ペパーミント」、「スペアミント」、「ニホンハッカ」の3つです。

ペパーミントはスーッとする香りの成分を持つメントールが多いため、ガムや歯磨き粉、フレーバーなどに使われています。

スペアミントは甘い香りを持つ成分である「カルボン」が多く、香りも味も穏やかなため、サラダや肉料理の添え物などに使われています。

ニホンハッカは日本に自生しているものです。

ミント類の中でメントールの含有量が最も多く、爽やかな香りのするミントです。

ドライにしてドライフラワーやポプリなどにも利用されます。

薬用にも利用されているハッカ油でも有名です。

 

ハッカとは

ハッカとはミントの中でも日本で自生しているものを指します。

したがってハッカはミントの一種であります。

はっかの茎や葉から採られた精油をハッカ油と呼びますが、その量は約2%とわずかです。

ハッカは「薄荷」と書きますが、葉から清涼成分を運ぶ際に、荷物が少なく軽く済むことから、

そう記されることとなりました。

また、ハッカはメントールをたくさん含んでいるのが特徴で、その効果はたくさんあります。

爽やかな香りがリラックス効果をもたらしてくれたり、

体を冷やすことなく冷感を感じることもできます。

抗菌・消臭効果や防虫効果もあり、万能なのでとても人気があります。

ハッカ油を家に常備している人も多く、掃除や虫除けスプレーなど、様々な利用の仕方があります。

ミントとハッカの違いとは

ミントとはシソ科ハッカ属の植物の総称で、ハッカはそのミントの中でも日本で自生する和種のものをさします。

したがってハッカはミントの一種であることが分かります。

また、メントールの含有量にも違いがあります。

ミントに比べ、ハッカの方がメントールの含有量が多く、スーッとする爽快感が強いのです。

ミントの一種、ペパーミントはガムや歯磨き粉などで使われていたり、ハッカは国内のほとんどの製薬会社がハッカ油を作り、薬用に使用されていますハッカ油や薬用として広く使われています。

香りについては、ミントにはカルボンや他にも多くの成分が含まれるため、ハッカに比べて複雑な香りがしますが、ハッカは単純にスーっとした爽快感のある香りがします。

ミントとハッカはどちらも私達の生活に欠かせない、身近な植物と言えるものです。

メントールの効果とは

メントールとは医薬品の材料としてよく利用されている物質で、炎症をとる効果があります。

神経を刺激して冷たいと感じさせ、抹消血管を広げて血行を促進します。

スーっとする成分であるメントールは、あか切れやしもやけなどで指が赤く腫れた際に使うと、赤みや腫れがひきやすくなったり、かゆみを軽減する効果があります。

また、シャンプーにメントールが配合されている商品もありますが、さっぱりとする清涼感だけではなく、頭皮の炎症を抑える働きもあります。

日焼けをしてしまった際には頭皮の炎症を抑えるために使ったり、冷感を感じるために使用するなど、夏には最適な商品と言えるでしょう。

他にも少量のメントールを内服することで、胃の粘膜を刺激し、消化液の分泌を良くする働きもあります。その結果、消化吸収を助けてくれるのです。

消化不良や胃の弱った際に、ミントティーなどで心も体もリラックスさせることも良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました