スポンサーリンク

焼き鳥を美味しく温め直しする方法~アルミホイル・トースター・電子レンジの比較!日本酒を使う裏技も

焼き鳥を美味しく温め直す方法は、実はたくさんあるんです。

スーパー惣菜やキッチンカーで焼き鳥を買って家で食べるとき、温めて食べますよね?

なんとなくレンジでチンすると、タレが蒸発したりお肉が固くなったりして、せっかくの焼き鳥がもったいないことになってしまいます。

冷めてしまった焼き鳥を美味しくふっくらと温め直す方法や、電子レンジやトースターで仕上がりはどう違うのか、調べてみました!

スポンサーリンク

焼き鳥を美味しくふっくら温め直しする方法

焼き鳥を美味しく温め直すには、こんな道具を使います。

アルミホイル

トースター

フライパン

電子レンジ

魚焼きグリル

熱伝導率を高めるアルミホイルがポイントになりそうですね。

アルミホイルで焼き鳥を温め直しする方法

焼き鳥をアルミホイルで包んで温めると、肉が固くならない、中まで早く温まるといったメリットがあります。

アルミホイルが使える調理器具で焼き鳥の温め直しをするときは、必ずアルミホイルで包みましょう。

水分を逃さない

アルミホイルで包むと水分が蒸発しないので、肉がふっくらと仕上がります。
また、タレが焦げ付くのを防ぐこともできます。

アルミホイルの熱伝導率

アルミホイルは熱伝導率が高いので、“熱しやすく冷めやすい”という特性があります。
※温めた後アルミホイルをすぐに触ってもやけどしないのも、この熱伝導の特性によるものです。

焼き鳥をアルミホイルで包んで温めると中までしっかりと熱くなります。
トースターで焼き鳥を温め直すにはある程度時間がかかり、アルミホイルを使わないと中まで温まる前に表面が固くなったり焦げてしまいます。

アルミホイルを使える調理器具は、トースターフライパン魚焼きグリルです。

電子レンジでアルミホイルを使うと火花が散って、火事になる恐れがあるので、絶対に使わないでください。

トースターで焼き鳥を温め直しする方法

トースター×アルミホイルで焼き鳥を美味しく温め直すことができます。

アルミホイルで包んだ焼き鳥を網に乗せ、1000wで3分ほどでしっかりと温まります。

タレの場合はアルミホイルで包むのがベストですが、塩の場合は耐熱皿に焼き鳥を並べてアルミホイルを被せると、温め直した後そのまま食卓に並べることができます。

フライパンで焼き鳥を温め直しする方法

フライパンで焼き鳥を温め直すには、アルミホイルクッキングシートを使います。

アルミホイル、もしくはクッキングシートで包んだ焼き鳥をフライパンに入れ、中火で数分温めます。

どちらも全体を包むことにより蒸し焼き状態となるので、途中でひっくり返す必要はありません。

キッチンがガスコンロの方は燃えるのを防ぐため、クッキングシートがフライパンからはみ出さないようにしてください。

電子レンジで焼き鳥を温め直しする方法

電子レンジでも焼き鳥を美味しく温め直すことはできるのでしょうか?

冒頭で述べたように、ただお皿に乗せてチンするだけでは美味しくない焼き鳥になってしまう…電子レンジではアルミホイルは使えない…

答えはこちら↓↓↓

電子レンジ×クッキングシートで焼き鳥を美味しく温め直すことができます。

クッキングシートで包んだ焼き鳥を電子レンジに入れたら、1本600wで30秒ほどでしっかりと温まります。

クッキングシートでふんわりと包むことにより蒸し焼き状態になり、さらに適度に水分を吸収してくれるので、焼き鳥がふっくら美味しく温まります。

電子レンジで食品を温めるというと、ラップをかけるイメージがありますが、ラップではダメなのでようか?
ラップだと水分が出てベチャッとした仕上がりになるので、おすすめしません。

魚焼きグリルで焼き鳥を温め直しする方法

魚焼きグリル×アルミホイルで焼き鳥を美味しく温め直すことができます。

まず、魚焼きグリルを余熱しておきます。

網にアルミホイルを強いたら、焼き鳥を乗せて5分ほど温めます。

レシピサイトや口コミを見てみると、魚焼きグリルの場合はアルミホイルで包まずに乗せるだけでいいようです。
※串の部分が焦げてしまうので、持ち手のところはアルミホイルを折り返しましょう。

焼き鳥を美味しくふっくら温め直しする方法比較

トースターフライパン電子レンジ魚焼きグリルと、どの調理器具を使っても、焼き鳥を美味しく温め直すことができることがわかりました。

どの方法がいいかは、キッチンの状況に合わせて使い分けるといいですね。

今すぐ食べたい!というときは電子レンジ×クッキングシート

魚焼きグリルやフライパンを使っているときはトースター×アルミホイル

など

クッキングシートはアルミホイルと比べると割高なので、基本的にはアルミホイルを使った温め直しがおすすめです。

日本酒を使う裏技

これまで紹介してきた焼き鳥の温め直し方法に、『日本酒』をプラスすると、さらにふっくらとした仕上がりになります。

焼き鳥に日本酒を少し振りかけてから、アルミホイルやクッキングシートを閉じて温めてみてください。

アルコールは蒸発するので、お子さんが食べても大丈夫ですよ。

焼き鳥を美味しく温め直しする方法~まとめ~

ここまで、焼き鳥を美味しく温め直す方法について紹介させていただきました。

トースター、フライパン、魚焼きグリルでを使うときは焼き鳥をアルミホイルで包みます。
電子レンジを使うときはアルミホイルではなく、クッキングシートで焼き鳥を包みましょう。
日本酒を振りかけてから温めると、さらにお肉がふっくらと仕上がります。

冷めてしまった焼き鳥でも正しい方法で温め直せば、焼きたてのようなふっくらジューシーな焼き鳥に蘇ります。

お家にある調理器具を使って、ちょっとした工夫で美味しくなるので、ぜひ試してみてくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました