スポンサーリンク

そうめんとうどんの違いとは

そうめんとうどんの違いとは

この記事では

・そうめんとは

・うどんとは

・そうめんとうどんの違いとは

・そうめんとうどん太るのはどっち?

・麺類で低カロリーなのは?

についてまとめました。

結論

そうめんとうどんの違い
製法と麺の太さの違いです。

そうめんは、生地をこねて細く引き伸ばし表面に薄く油をひきます。麺の太さは長径1.3㎜未満。

うどんは、油をひかずに生地ををたたんで細長く切ります。麺の太さは1.7㎜以上。

スポンサーリンク

そうめんとは

そうめんとは、うどんの一種であり太さが長径1.3㎜未満の麺のことを指します。小麦粉に水と食塩を入れ、こねて引き延ばしながら生地の表面に油をひき、細くしてから乾燥させる製法で、これらを「手延べそうめん」と呼びます。現在は機械で製造されることが多く、機械で作られたそうめんを「機械そうめん」と呼びます。手延べそうめんは伸びにくくコシのある、つるっとした麺が特徴です。

そうめんは秋から春にかけて作られます。作られた年に販売された商品を「新物」、作ってから1年間熟成の後に販売されたものを「古物」、2年間熟成の後に販売されたものを「大古物」と呼びます。熟成期間が長いほど、コシが強くしっかりとした麺になります。

そうめんは暑い時期に冷やして食べることが多いですが、行事などで行われる夏の風物詩「流しそうめん」も人気です。

うどんとは

うどんとは、太さが長径1.7㎜以上の麺のことを指します。小麦粉と水を混ぜてこね、薄く伸ばしてから細長く包丁で切り、茹でます。

関西では素材の風味を楽しむためにお吸い物のように「薄口醤油」であっさりと味付け、関東では「濃口醤油」でしっかりと味をつけるため、汁が黒っぽい仕上がりになるので、関西と関東ではうどんの味付けが大きく異なります。

うどんには「かけうどん」や「ざるうどん」、「煮込みうどん」「焼きうどん」など様々な調理法があり、「きつねうどん」「たぬきうどん」「カレーうどん」など沢山の食べ方があります。うどんはお米と同じように、庶民の主食として長く食べ続けられています。

そうめんとうどんの違いとは

そうめんとうどんの違いとは製法と麺の太さの違いです。

そうめんは小麦粉に水と食塩を入れ、こねて引き延ばしながら生地の表面に油をひき、細くしてから乾燥させます。一方、うどんは油をひかずに薄く伸ばしてから細長く切り茹でます。太さが長径1.3㎜未満の麺が「そうめん」、長径1.7㎜以上の麺が「うどん」に分類されます。現在は製法よりも麺の太さで区別されることが多いです。

そうめんは冷たい汁で冷やして食べるのが主流ですが、うどんは、冷たい汁で食べることはもちろん、煮込んだり、焼いたり、様々な調理法や食べ方があります。

そうめんとうどん太るのはどっち?

そうめんとうどんでは、そうめんの方が太りやすいと言われています。

100gあたりのカロリー(茹でた後)と糖質がこちらです。

  • そうめん 127kcal、糖質25.8g
  • うどん 105kcal、糖質21.6g

原料は全く一緒ですが、水分量が多いうどんに対して、そうめんは作る過程で油を使用しているためカロリーが高く、細いため噛み応えに劣ってしまい、更には、のど越しも良いので結局は食べる量が多くなってしまいます。意外ですが、そうめんの方がカロリーも糖質も高く太りやすいです。

麺類で低カロリーなのは?

最もカロリーの低い麺類(茹でた後)は、うどん(105kcal)です。次に、そうめん(127kcal)・そば(132kcal)・葛きり(135kcal)・中華麺(149kcal)の順にカロリーが高くなっていきます。

カロリーの低い麺でも、単体で食べると血糖値があがり太りやすくなってしまいます。麺類を食べる際は血糖値を抑え、栄養バランスを整えるために、野菜やたんぱく質のある食材と一緒に摂ることをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました