スポンサーリンク

玉ねぎと新玉ねぎの違いとは

玉ねぎと新玉ねぎの違いとは

この記事では

・玉ねぎとは

・新玉ねぎとは

・玉ねぎと新玉ねぎの違いとは

についてまとめました。

 

結論!玉ねぎと新玉ねぎの違いは、乾燥の有無、流通時期、保存期間や味にあった!

玉ねぎはしっかりと乾燥させ、新玉ねぎは乾燥させずにすぐ出荷されます。

流通時期は玉ねぎは1年を通してお店に並びますが、新玉ねぎは春先の3~5月位の間のみです。

しっかりと乾燥させた玉ねぎは長期保存が可能ですが、水分を多く含む新玉ねぎは数日で傷んでしまいます。

味に関しては、生のままでは辛みの強い玉ねぎに比べ、新玉ねぎは生のままでも辛みを感じずに食べられます。

 

スポンサーリンク

玉ねぎとは

玉ねぎは、大きく分けると辛み品種甘み品種の2種類あります。

さらに皮の色や大きさで黄玉ねぎ、白玉ねぎ、赤玉ねぎ、小玉ねぎなどに分けられます。

日本では辛み品種の黄玉ねぎがよくお店に並んでいますが、長期保存に向いている品種です。

収穫してから1ヶ月くらい風にあててしっかりと乾燥させることで、日持ちがよくなります

玉ねぎは生のままだと辛味を感じ、じっくりと加熱すると甘みを感じる変化のある食材です。

1年を通して食べられますし、和・洋・中のどんな料理にも使えるので、家庭料理でも使う頻度が多い食材ではないでしょうか。

また、普段捨ててしまうたまねぎの外皮には、強い抗酸化作用をもっている「ケルセチン」というポリフェノールの一種が含まれてます。

野菜の皮やヘタなどを煮出して作る野菜出汁「ベジブロス」で再利用するのも良いでしょう。

新玉ねぎとは

 

新たまねぎは、温暖な地域で3~5月頃に出荷される早取りしたたまねぎの総称です。

主に白玉ねぎという品種が新玉ねぎとして流通しています。

乾燥させずにすぐ出荷されるので、実はみずみずしくて肉質が柔らかいのが特徴です。

水分が多いので、みずみずしい一方、傷みやすく長期保存はできません

美味しく食べるためにも数日で使い切れるようにしましょう。

辛味が少なく感じられる新玉ねぎは、サラダなどの生食でも非常に食べやすくおすすめです。

また加熱した場合はとろとろの食感になるので、新玉ねぎをまるごと使ったオニオンスープなども人気です。

1年の中でも新玉ねぎが食べられるのは春先だけなので、甘くてみずみずしい新玉ねぎを春先には楽しみましょう。

玉ねぎと新玉ねぎの違いとは

玉ねぎと新玉ねぎは同じ玉ねぎではあるものの、流通時期乾燥の有無などに違いがありました。

玉ねぎはしっかりと乾燥させており、長期保存が可能です。

新玉ねぎは乾燥させずにすぐ出荷されます

水分を多く含む新玉ねぎは数日で傷んでしまいます

また、玉ねぎは1年を通してお店に並んでいますが、新玉ねぎは春先の3~5月位の間のみです。

味に関しては、玉ねぎは生のままでは辛みが強く、加熱することで甘みや深みがでてきます。

新玉ねぎは生のままでも辛みを感じずに食べられるので、玉ねぎ特有の辛みが苦手な方やお子様にも食べやすいものだと言えます。

栄養面ではどちらもビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄などが含まれます。

また辛みの元でもある「硫化アリル」という血液をサラサラにする成分を豊富に含んでいるので高血圧や糖尿病の方は積極的に摂りたい食材です。

 

玉ねぎの上手な選び方

 

玉ねぎは、丸くふっくらとした形で、表面の皮にツヤがあり、しっかり乾燥しているものを選ぶと良いでしょう。

また、中心部から芽が出ているものは味が落ちるので、芽が出ていないものが良いです。

柔らかいものは切ってみると傷んでいる可能性がありますので固さにも気を付けましょう。

持ってみて重い方を選ぶのもポイントです。

 

玉ねぎを切るとなぜ涙がでるの?

玉ねぎを包丁でが切ると涙が出ます。

これは玉ねぎの細胞が壊れて硫化アリル」という成分が発生するためです。

この成分がに鼻や目などの粘膜に入ることで涙が出るのです。

硫化アリル」とはネギ類に共通する成分で、血液をサラサラにする働きがありますが、生で使った時に最大限に効果を発揮します

動脈硬化や血栓予防効果もありますので、ぜひ生で摂取する機会を増やしたいですね。

タイトルとURLをコピーしました