スポンサーリンク

エビにアニサキスはいないって本当?他の寄生虫はいる?

お寿司やお刺し身で人気のエビにアニサキスはいないのでしょうか?

アニサキス食中毒が増えてきて、生の魚介類を食べるのをためらう方も多いと思います。

今回はエビの生食について、

エビにアニサキスはいない

他の寄生虫のリスク

エビの生食で気をつけるポイント

など、紹介していきます!

スポンサーリンク

エビにアニサキスはいない?どんな寄生虫?

エビにアニサキスは寄生しません。

それはなぜでしょうか?

エビは淡水に生息している

エビやカニなどの甲殻類は淡水に生息しているので、海水に生息するアニサキスは寄生することができないのです。

エビにはアニサキスのような食中毒を起こすような寄生虫はいないので、生食しても安心ですね。

アニサキスはどんな寄生虫?

アニサキスはイカやサバ、アジ、サンマなどの内臓にいる寄生虫の一種です。

いろいろな魚に寄生するので、アニサキスが生きたまま口にして体内に入ってしまうと、数時間後にひどい吐き気や激しい痛みなどの症状が現れるアニサキス症という感染症を起こします。

アニサキスを見つけたときの対処法

内臓をキレイに取り除く

自分で捌くときは、鮮度の高いうちに処理し、内臓は取り除きましょう。

ただ、寄生していた魚が死んでしまうとアニサキスは内臓から筋肉(身)の方に移動してくるので、体内に入るリスクが高くなります。
アニサキスは白っぽく2〜3cmくらいの長さなので、目視でもチェックすることができるので、内臓の近くをしっかりと確認しましょう。

アニサキスは冷凍で死滅する

アニサキスは低温に弱く、5℃以下で動きが鈍くなり、−20℃で24時間以上冷凍すると死滅します。

アニサキスは加熱で死滅する

アニサキスは熱にも弱いので、加熱調理することで死滅させることができます。

70℃以上ならすぐに死滅し、60℃なら1分の加熱で死滅します。

エビの寄生虫 エビヤドリムシ

エビにアニサキスはいませんが、エビヤドリムシという寄生虫がいる可能性があります。

エビのエラ付近にあるポコッとしたコブのようなものエビヤドリムシという寄生虫です。

頭や殻と一緒に取り除けますが、食べても問題ありません。

エビの生食で気をつけるポイント

エビにはアニサキスなどの食中毒を起こすような寄生虫の心配はないということがわかりました。

それでも生のエビを食べるとき、気をつけないといけないことがあります。

それは、ナグビブリオ菌です。

ナグビブリオ菌とは

コレラ菌の一種であるナグビブリオ菌は河川や沿岸に生息し、体内に入ると腸内で増殖して食中毒を引き起こします。

腸炎ビブリオのように腹痛、嘔吐、下痢といった症状が何日も続き、ひどい場合には病院で抗生物質の治療を行うことになります。

軽症であれば、自宅で症状が落ち着くのを待つことになりますが、その際は水分補給をしっかりしましょう。

エビを生食するときに気をつけること

生のエビを安全に美味しく食べるためには、いくつか気をつけたいことがあります。

冷蔵庫で保存

菌の増殖を防いだり鮮度を保つためにも、買ってきたらすぐに冷蔵庫にしまいましょう。
※10℃以下

調理前に真水(流水)でよく洗う

ナグビブリオ菌などビブリオ菌は真水に弱いので、エビの表面をしっかりと洗い流します。

衛生管理をしっかりと

エビを扱う前後はしっかりと手を洗い、他の食材にナグビブリオ菌がつかないよう気をつけます。
下処理に使用した包丁やまな板といった調理器具や食器類はよく洗い、ハイターなどで消毒します。

まとめ

ここまで、エビにアニサキスはいないこと、他の寄生虫について紹介させていただきました。

エビにはアニサキスなど食中毒を起こすような寄生虫はいません。
エビヤドリムシという寄生虫がいることがありますが、食べても害はありません。
エビで気をつけるのは表面につくナグビブリオ菌で、体内に入ると腹痛や嘔吐、下痢など激しい痛みの食中毒を起こすことがあります。

比較的安全なエビの生食ですが、衛生管理を適切にすれば安全に食べられますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました