スポンサーリンク

アジの刺身には寄生虫がいる?スーパーのアジは安全?

通年食べられるアジですが、旬の春から夏は脂が乗っているので、できればお刺身やお寿司で食べたいですよね。

生の魚介類は寄生虫がついていることもあり、心配もありますが、これから旬を迎えるアジを安全でおいしいお刺身で食べるために、

寄生虫のリスクは?

正しい処理方法

など、紹介していきます!

スポンサーリンク

アジはどんな魚?

アジは程よい大きさで、家庭でも捌きやすく、日本の食卓によく登場します。

生で食べる場合はお刺身や寿司、なめろうがあり、焼く、煮るといった和風の調理法以外にもアジフライなどレパートリーも様々です。

スーパーでは干物もよく売られていますね。

アジには、たんぱく質や脂質(DHA、EPA)、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどが含まれています。

DHA、EPA

DHA→脳細胞の活性化に働きかけます。

EPA→中性脂肪値を下げる効果があります。

DHA、EPAだけでなく、むくみ解消に効果のあるカリウムなど、健康にうれしい栄養素がたくさん含まれているので、積極的に食べたい食材です。

アジには寄生虫がいる?

生のアジには寄生虫がついていることがありますが、他の魚に比べると寄生虫がいる可能性は低いと言われています。

魚介類につく主な寄生虫はアニサキスです。

白っぽく2〜3cmくらいの長さなので、よく見て確認しましょう。

アニサキスがうっかり体内に入ってしまうと、アニサキス症という感染症が起きるので、食べる前に注意する必要があります。

※サイズの大きいアジの方が寄生されやすいそうです。

アニサキスが体内に入るとどうなる??

アニサキス症

生きたアニサキスが体内に入ると、胃や腸壁に食いつき、激しい痛みに襲われます。

お刺身などを食べてから激しい腹痛吐き気の症状が起きたら、それはアニサキス症かもしれません。

体質によっては蕁麻疹が出る場合もあるということです。

※アニサキス症は冬に発症しやすい

生のアジを安全に食べるには

アニサキスは内臓にいるので、内臓をキレイに取り除くことが必要です。

しかし、寄生していたアジが死んでしまうとアニサキスは内臓から筋肉(身)の方に移動してくるので、体内に入るリスクが高まります。

鮮度の高いうちに処理をしましょう。

アニサキスは低温に弱い

5℃以下で動きが鈍くなります。

24時間以上冷凍すると死滅するので、「解凍」とパッケージに記載があればアニサキスの心配はありません。

また、加熱調理することでも死滅します。

※マリネなどの酢漬けや塩漬けでは死滅しません

スーパーのアジにアニサキスはいる?

お刺身パックのアジ

調理前の温度管理がされているので、アニサキスがいる可能性は低いですが、ゼロではありません。

未加工のアジ

内臓にアニサキスがいる可能性はあります。

冷蔵ケースに陳列されている状態ではアニサキスの動きは鈍いので、内臓にとどまっていることが多いようです。

自宅に持ち帰るまでに温度が高くなると、アニサキスが活発に動き出し、内臓から筋肉(身)に移動していきます。

心配でつい加熱調理してしまう方もいるようですね。

不安な場合は解凍品を購入しましょう。

正しい処理方法

少しでも鮮度の高いうちに内臓を取り除きます。

切りながら目視で細い白っぽいものがないか確認してみましょう。

※ブラックライト照らして確認する方もいます

スーパーでは無料で加工してくれるところもあるので、家に帰るまで時間がかかる場合は、下処理をしてもらうのがおすすめです。

まとめ

ここまで、アジアニサキスのリスクなど、紹介させていただきました。

生のアジはアニサキスがいる可能性がある

アニサキスが体内に入ると、腹痛や嘔吐など激しい痛みのアニサキス症を起こす

アニサキスは内臓にいるが、寄生していた魚が死んだり温度が高くなると筋肉(身)に移動する

生のアジは低温を保ち、少しでも早く処理をする

一度冷凍され「解凍」の表示があるものはアニサキスの心配なし

アジをはじめ、生の魚介類には寄生虫のリスクがつきものですが、適切な処理をすることで安全に生のお刺身が食べられますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました