スポンサーリンク

めかぶともずくの違いとは

めかぶともずくの違いとは

この記事では

・めかぶとは

・もずくとは

・めかぶともずくのちがいとは

・めかぶともずく、どっちが痩せる?

・めかぶともずくを食べ過ぎるとどうなる?

についてまとめました。

結論

めかぶともずくの違い
種類と味や食感の違いです。

めかぶとは、わかめの一部であり、根元部分を指します。多くが薄塩に味付けされていて、ぬめりとコリコリした食感が特徴。

もずくとは、ナガマツモ目モズク科の海藻。三杯酢や黒酢などの酸味ある味付けをされていることが多くさっぱりとしていて、ぬめりとシャキシャキした食感が特徴。

スポンサーリンク

めかぶとは

めかぶとは、わかめの一部であり、根元にあるひだ状の部分を指します。めかぶはわかめを作る際に、捨てるのは勿体ないということで様々な加工方法で販売されるようになりました。多くが薄塩に味付けされていて、ネバネバとしていてコリコリした食感が特徴です。

めかぶは生のまま販売されている他、保存の効く「乾燥めかぶ」「塩蔵めかぶ」や、細かく刻まれた定番商品「たたきめかぶ」シシャモなどの卵を混ぜて加工された「子持ちめかぶ」など種類も様々です。

めかぶには「アルギン酸」「フコイダン」「ミネラル」「EPA」が多く含まれていて、わかめよりも数倍の栄養量だと言われています。腸内環境の改善や糖質吸収の抑制、高血圧の予防などが期待されます。

もずくとは

もずくとは、ナガマツモ目モズク科の海藻で、沖縄で養殖された「太もずく(オキナワモズク)」と、糸状な見た目の「イトモズク」の2種類のもずくが存在します。「藻についている」という意味でもずくと名付けられました。

一般的にスーパーなどで販売されている殆どは太もずくです。イトモズクは太もずくよりも獲れる量が少なく、高価でのため、料亭の料理の食材としてよく使われています。

三杯酢や黒酢などの酸味ある味付けをされていることが多くさっぱりとしていて、ぬめりとシャキシャキした食感が特徴。もずくは調味料で味付けをして食べるほかに、お味噌汁やお吸い物などの材料として入れると栄養素のフコイダンが溶けだして体に吸収しやすくなるのでおすすめです。

もずくには「ミネラル」「フコイダン」「ビタミン」が多く含まれており、美肌効果や腸内環境の改善、生活習慣病の予防に期待できます。

めかぶともずくの違いとは

めかぶともずくの違いとは、種類と味や食感の違いです。

めかぶは、わかめの根元にあるひだ状の部分を指し、もずくはナガマツモ目モズク科の海藻の一種です。

めかぶは、基本的に薄塩に味付けされていて、ネバネバとコリコリとした食感が特徴。「乾燥めかぶ」「塩蔵めかぶ」「たたきめかぶ」「子持ちめかぶ」など様々な加工方法を用いて販売しています。一方、もずくは「太もずく(オキナワモズク)」と「イトモズク」と2種類あり、三杯酢や黒酢などの酸味ある味付けをされていることが多くさっぱりとしていて、ぬめりとシャキシャキした歯ごたえのある食感です。

めかぶともずく、どっちが痩せる?

100gあたり、カロリーは、めかぶ14Kcal・もずく4Kcalともずくの方が低カロリーです。

糖の吸収を抑える・余分なコレステロールを抑える食物繊維は、めかぶ3.4g・もずく1.4gとめかぶの方が多く含まれています。

糖質はどちらも0g。

もずくの方が低カロリーではありますが、どちらも糖質は0gで、めかぶの栄養素が高い事から、どちらもダイエットに向いていることがわかります。大事なのは食べるタイミングと味付けです。食べるタイミングは食前にすると血糖値の上昇を抑え、肥満予防に繋がります。味付けはお酢類(三杯酢・黒酢など)にすることで、脂肪燃焼効果が期待できます。

めかぶともずくを食べ過ぎるとどうなる?

めかぶやもずくなどの海藻類を食べ過ぎると、多く含まれているヨウ素や炭水化物の影響で甲状腺機能低下、食物繊維の影響で下痢・腹痛などの症状を引き起こしてしまう可能性があります。そのため海藻類を摂取する時は、1日1パックを目安に、他の食事と一緒にバランスよく摂ることをおすすめします。

 

タイトルとURLをコピーしました