スポンサーリンク

ブロッコリーが黒や黄色に変色したら食べられる?茹でてぬめりが出たら腐ってる?

fd400074.jpg

癖がなくて食べやすく、鮮やかなグリーンが食欲をそそるブロッコリー。

食卓でもお弁当でも彩りを添える野菜として大活躍してくれますよね。

そんな身近なブロッコリー。

使おうと思って買っておいたら黒や黄色に変色してしまったという経験がある方も少なくないのではないでしょうか。

この記事では

ブロッコリーが黒い原因は?食べられる?

ブロッコリーが黄色に変色の原因は?まだ食べられる?

などブロッコリーの変色についてお伝えしていきます。

 

結論「花蕾(からい)」が黒や紫になったり、茎に黒い斑点ができるのはポリフェノールが原因。
食べても問題ありません。
「花蕾」に黒いぶつぶつができるのは病気の可能性があるので、患部を取り除くか、範囲が広ければ全体を破棄したほうが良さそうです。
黄色くなるのは、花が咲き始めた証拠。
食べられますが味は落ちます。

 

スポンサーリンク

ブロッコリーが黒い原因は?食べられる?

ブロッコリーの食べる部分は「花蕾(からい)」という花のつぼみです。

その花蕾が黒や紫色っぽく変色している場合は食べて大丈夫。

ブロッコリーに含まれるポリフェノールが出てきたために起こる変色です。

それとは違い、花蕾に明らかに黒いぶつぶつができている場合は、「黒すす病」か「べと病」の可能性があります。

どちらの場合も菌が原因で、症状が小さければ取り除けば食べても大丈夫ですが、ひどい場合は中まで菌が繁殖して腐っている場合がありますので、その場合は食べずに破棄するようにしましょう。

ブロッコリーの茎に黒い斑点がある場合もあります。

これは肥料の与えすぎや寒暖差によるストレスなど生育環境によるものです。

ストレスを受けたために元々ブロッコリーに含まれるポリフェノールが露出し、空気に触れて黒くなったのです。

見た目は少し劣りますが、食べても問題はありません。

 

ブロッコリーが黄色に変色の原因は?まだ食べられる?

購入してしばらく経ったブロッコリー。

黄色く変色しているのを見た事がある方も少なくないと思います。

これは腐敗したのではなく、ブロッコリーの蕾が膨らんで花が咲き始めている状態です。

先ほどもお伝えしたように、ブロッコリーとして私たちが食べている部分は花の蕾である「花蕾(からい)」という部分。

時間が経つことで、黄色い花が咲く準備を始めたのが黄色いブロッコリーの正体なのです。

傷んでいる訳ではないので、食べても大丈夫です。

が、緑の頃より苦味が出て味も劣っていることがほとんどです。

コリっとしたブロッコリーの感触も得られなくなってしまうため、黄色くなり始めたブロッコリーは早めに食べてしまうことをお勧めします。

 

ブロッコリーを茹でたらぬめりが!食べられる?

茹でたブロッコリーを冷蔵庫にしまっておいたらぬめりが出てしまったなんてこと、ありますよね。

これは、腐敗が始まっている証拠です。

洗ったらぬめりは取れるかもしれませんが、雑菌は取り切れていない可能性が高いです。

食べるのはやめて、破棄してください。

茹でる前のブロッコリーにぬめりが出ている場合も、腐っている可能性が高いので、破棄する様にしてください。

 

ブロッコリーについた白い粉は何?農薬?

本来緑色をしているはずのブロッコリーが白く粉っぽいものに覆われているのを見たことがあるかもしれません。

これは農薬が残留しているのではなく、「ブルーム」という新鮮な野菜が分泌する天然の「蝋」です。

りんごや葡萄でもこの白っぽい「ブルーム」が見られます。

植物が自分を守るためのバリアの様なもので、水分の蒸発を抑える働きをしています。

食べる前に洗い流しても、流さなくてもどちらでも問題はありませんので、安心して召し上がってください。

 

まとめ

ブロッコリーの「花蕾(からい)」が黒くなっているのは元々含有しているポリフェノールが原因。

茎の部分に黒い斑点ができるのも同様にポリフェノールが原因です。

どちらの場合も天然物質なので食べて問題ありません。

それとは違い、黒いブツブツができている場合は「黒すす病」か「べと病」の可能性があります。

この場合は変色している部分が小さければ変色部を切り取って残りを食べられますが、範囲が大きければ菌が全体に回っている可能性があるので、破棄する様にしてください。

黄色くなったブロッコリーは、花が咲き始めている状態です。

自然現象なので、食べられますが、味や食感は劣ります。

茹でる前でも後でも、ぬめりが出てきた場合は腐食が始まっています。

食中毒の危険があるので、食べずに破棄してください。

ブロッコリー全体が白い粉い覆われているような場合は「ブルーム」という現象です。

植物が水の蒸発を抑えるための「蝋」の様なもので、新鮮な証拠です。

「ブルーム」は落としても落とさなくても問題なく食べられます。

炒め物に、スープに、お弁当にと使い道たくさんのブロッコリー。

ブロッコリーの性質を理解することで、より楽しんでいけそうですね。

タイトルとURLをコピーしました