スポンサーリンク

チャーハンとピラフの違いとは

チャーハンとピラフの違いとは

この記事では

・チャーハンとは

・ピラフとは

・チャーハンとピラフの違いとは

・ピラフの食感は米がポイント!

についてまとめました。

 

結論!チャーハンとピラフは調理法に違いがあった!

チャーハン…炊いたご飯を具材と炒める

ピラフ…生米と具材を炒めてからスープで炊く

上記のように炊いたご飯を炒めるのか、生米のまま炒めてその後に炊くといった違いがあります。

調理法だけでなく使う材料や調味料に違いがあるため、もちろん仕上がりの食感や風味も変わってきます。

スポンサーリンク

チャーハンとは

チャーハンとは中華料理の一つで、炊いたお米を刻んだ野菜や肉、卵などの具材と合わせ、炒めて作られる料理のことです。
味付けには塩や醤油などが使用されることが一般的です。
中華料理店のメニューにはほとんどと言っていいほど記載されている中華料理の代表的なメニューです。

中国では7世紀頃にチャーハンが誕生したものの、まだ一般的に作られることはありませんでした。チャーハンは強い火力で炒めることが必要だったため、調理器具の普及と共に一般家庭へと広まっていったそうです。

その後チャーハンは日本にも伝わりましたが、中国の“油で米を炊く”という調理法が普及せず、残りごはんを油で炒める「焼き飯」のスタイルで広まりました。中国と同様の調理法になったのは明治以降でした。

ちなみに日本ではチャーハンと焼き飯のどちらも耳にしますが、卵を先に入れてからご飯を入れて炒めるのがチャーハンで、ご飯を先に炒めてから卵を入れるのが焼き飯という分け方もあるそうです。
他にも塩で味付けするのがチャーハンで、醤油で味付けするのが焼き飯とも言われることもあるそうですが、明確な違いははっきりとはしていないようです。

ピラフとは

ピラフとは、フランス発祥の料理で、生米を炒めてからスープで炊いて作るものです。

生米と一緒に玉ねぎやにんじんなどの具材をバターでじっくりと炒めて、そこにスープを加えることで柔らかいご飯に仕上がります。

炊きあがったご飯や冷凍庫で保存したご飯なを使用して作るものごはんは本来ピラフとは言いません。

生米がスープを吸いながらご飯になるので、米粒が柔らかく、米粒がパラパラしたチャーハンとは仕上がりが異なります。

ピラフといっても、定番のエビピラフカレーピラフガーリック風味のピラフメキシカンピラフなど、種類は様々です。

ご家庭で作る際、鍋などでで炊くのは一見難しそうに感じるかもしれませんが、ごはんを炊く工程を炊飯器にお任せしてしまうレシピも多数掲載されています。

お好みの具材を取り入れることもでき、意外と手軽にできるので一度手作りしてみるのも良いかもしれません。

チャーハンとピラフの違いとは

チャーハンとピラフは調理法が異なります。
チャーハンは、炊いたごはんを具材と炒めて作りますが、その一方でピラフは生米と具材を炒めてからスープで炊くというものです。

チャーハンは米粒がパラパラになるように仕上げることが一般的ですが、ピラフは水分を含みながら炊くため、米粒が柔らかく、食感にも違いがでてきます。

また定番のチャーハンは塩や醤油、鶏ガラスープの素などで味付けされた中華料理ですが、ピラフはバターで生米を炒めるため、風味なども異なります。

それぞれアレンジされたメニューもたくさんあり、キムチチャーハン、餡かけチャーハン、カレーピラフ、メキシカンピラフなど、様々な味が楽しめます。

ピラフとチャーハンは、お米や肉類、野菜など色々な具材を使って作るため、一皿で満足感があり、どちらもご家庭で手軽に味わえる、人気のメニューです。

 

ピラフの食感は米がポイント!

ピラフの調理法は、日本の炊き込みご飯と似ています。

ごはん炊き込みご飯に使用する日本米のほとんどが粘り気の強いお米なのでふっくらと仕上がります

一方で世界の様々な地域で食べられている「インディカ米」は粘り気が少ない長粒種であるため、同じように炊き込んでもパラリと仕上がり、ピラフ特有の食感が生まれるのです

日本ではピラフが伝わってきた際、生米から作る本来の調理法ではなく、炊いたごはんを油で炒めてパラッと仕上げる方法が主流で、洋風に味付けされた焼きめしを「ピラフ」と呼んでいたそうです。

今現在も炊いたお米で作るピラフのレシピも多く掲載されています。

日本米で生米からピラフを作る際には、無洗米を使うことで余分な水分が出るのを防ぎ、パラパラに仕上げることもできるそうです。

生米から炒めてじっくりスープで煮るのは大変といった方には炊飯器レシピも多数紹介されているのでそちらもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました