スポンサーリンク

「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の違いとは?使い分け方についても

料理やお菓子で活躍する材料である小麦粉ですが、小麦粉でも料理によっては使う種類が異なります。

その違いって何でしょうか?

そこで今回は、

薄力粉は何か

中力粉とは何か

強力粉とは何か

についてご紹介します!

目次 -お好きなところからお読み下さい-

スポンサーリンク

薄力粉とは?

薄力粉:グルテン量:少ない、性質:弱い、粒土:細かい

薄力粉は、主に軟質小麦から作られる小麦粉のことです。

軟質小麦はアメリカ産のものが多くみられます。

たんぱく質量は6.5~8.5%と少ないです。

薄力粉の特徴は、強力粉に比べるとグルテン量が少ないという点です。

また、粒が細かくさらさらとしているため、料理に使うと「ふっくら」「サクサク」とした食感に仕上がります。

薄力粉の主な用途にはケーキ、焼き菓子、天ぷらなどがおすすめです。

中力粉とは?

中力粉:グルテン量:中間、性質:中間、粒土:中間

中力粉は、主に中間質小麦や軟質小麦から作られる小麦粉のことです。

たんぱく質量は8.5~10.5% 程度となっています。

薄力粉に比べるとグルテン量は多いですが、強力粉よりは少ないのが特徴です。

また、粒は少し粗めとなっていて、程よい粘性と弾力性を備えています。

料理に使うと「ややもっちり」とした食感になるため、主にうどんやそうめんなどに使われています。

強力粉とは?

強力粉:グルテン量:多い、性質:強い、粒土:粗い

強力粉は、主に硬質小麦から作られる小麦粉のことです。

硬質小麦はアメリカ産やカナダ産のものが多くみられます。

タンパク質含量が11.5~13%と小麦粉の中では1番多いです。

ほかの小麦粉に比べるとグルテン量が多いのが特徴で、粒は粗く粘性と弾力性が強いため、料理に使うと「もっちり」とした食感に仕上がることが多いです。

強力粉の主な用途にはパン、ピザ、餃子の皮、中華まんの生地、打ち粉などに用いられます。

薄力粉と強力粉を見分けるポイントは、粒子の細かさですが、見た目で判別できない場合は、手で握った時に固まるのが薄力粉、崩れてしまうのが強力粉と覚えておくと良いでしょう。

このように、薄力粉、中力粉、強力粉の違いは、小麦粉に含まれるグルテン(タンパク質の一種)の量と質によって分けられていることがわかります。

これらの小麦粉はそれぞれ適した用途があるので、作りたい料理に合わせて小麦粉を使い分けましょう。

まとめ

今回は、「薄力粉」「中力粉」「強力粉」の違いについてご紹介させていただきました!

 

・薄力粉は、グルテン量:少ない、性質:弱い、粒土:細かい。

・中力粉は、グルテン量:中間、性質:中間、粒土:中間。

・強力粉は、グルテン量:多い、性質:強い、粒土:粗い。

 

それぞれの小麦粉を使い分けて、美味しい料理を作ってくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました!!!

タイトルとURLをコピーしました