スポンサーリンク

チリコンカンとチリビーンズの違いとは

チリコンカンとチリビーンズの違いとは

この記事では

・チリコンカンとは

・チリビーンズとは

・チリコンカンとチリビーンズの違いとは

・チリビーンズの栄養素は?

・チリコンカンとチリビーンズのアレンジレシピ

についてまとめました。

結論

チリコンカンとチリビーンズの違い
肉と豆の割合の違いです。

チリコンカンとは、肉・豆・野菜を唐辛子と調味料を加え、炒めて煮込んだスパイシーなメキシコ風料理。レシピによっては豆を使わないこともあり、肉と唐辛子が主役です。

チリビーンズも、豆・肉・野菜を唐辛子と調味料を加え、炒めて煮込んだスパイシーなメキシコ風料理ですが、名前の通り豆が主役なので肉よりも豆の方が多く入っています。

スポンサーリンク

チリコンカンとは

チリコンカンとは、肉と唐辛子を必須で入れ、豆や野菜・調味料など、様々な材料を加え炒めてから煮込むテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)です。スペイン語でチリコンカンを「肉入り唐辛子」と呼びます。チリコンカンはアメリカのテキサス発祥であり、テキサスに移住した南米移民が作り上げたと言われています。

豆類とひき肉、トマトや玉ねぎと一緒に煮込みチリパウダーを加えて作るのが一般的ですが、レシピによっては豆を使用しないこともあります。そのまま料理として食べたり、ホットドッグやタコスの具材として使うことも多いです。

チリビーンズとは

チリビーンズとは、豆類をメインとしたチリコンカンのことです。豆・肉・野菜・調味料など、様々な材料を加え炒めてから煮込むテクス・メクス料理(メキシコ風アメリカ料理)。

チリビーンズは、豆類(インゲン豆・ひよこ豆など何でも)とひき肉、トマトや玉ねぎと一緒にチリパウダーを加えて煮込んで作りますが、唐辛子を減らしトマトケチャップなどを足すと、具沢山のトマトスープのような辛さ控えめの味になります。

ご飯やパン・パスタにのせて食べるのも美味しいですし、豆が多く入っているので主食としてお腹を満たせるほど満足感のある一品です。

チリコンカンとチリビーンズの違いとは

チリコンカンとチリビーンズの違いとは肉と豆の割合の違いです。

チリコンカンはひき肉多めで唐辛子と豆・トマト・玉ねぎなどにチリパウダーを足し、一緒に煮込みます。一方チリビーンズは豆が多めでチリコンカンと同様、唐辛子と豆・トマト・玉ねぎなどにチリパウダーを足し、一緒に煮込みます。

元々は同じ料理で味付けもほぼ一緒です。肉がメイン(チリコンカン)か、豆がメイン(チリビーンズ)かで区別をされていますが、日本では同義語となっていることがほとんど。

チリコンカンは肉がメインなので主菜として、チリビーンズは豆がメインなので主食として食べることが多いです。

チリビーンズの栄養素は?

主要栄養素(100g)は、

エネルギー 114Kcal

たんぱく質 6.3g

脂質 4.5g

炭水化物 11.5g

豆の栄養は種類によって異なりますが、インゲン豆にはアントシアニン・カルシウム・食物繊維・ビタミン類・銅・葉酸・鉄・マグネシウム・リン・亜鉛が含まれていて、ひよこ豆にはビタミンB6・鉄・カリウム・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・食物繊維が含まれています。

チリビーンズの材料であるトマトには抗酸化作用のあるリコピンが含まれていて、がんの抑制に期待されています。また胃のムカムカを抑え、疲労回復の効果があると言われています。トマト以外にも玉ねぎやスパイス類も抗酸化作用があり、美容・健康を意識している方にはぴったりです。

チリコンカンとチリビーンズのアレンジレシピ

チリコンカンとチリビーンズには様々なアレンジレシピがあります。子どもが食べやすいようにスパイスを入れずに甘く調理をしたり、チリパウダーの代わりにカレーパウダーを使えばいつもと違う味に。ホットドッグにチリコンカンを入れチーズたっぷりかけて焼けばアメリカらしいボリューミーな見た目になります。

タイトルとURLをコピーしました