スポンサーリンク

パフェとサンデーの違いとは

パフェとサンデーの違いとは

この記事では

・パフェとは

・サンデーとは

・パフェとサンデーの違いとは

についてまとめました。

 

結論!パフェとサンデーの違いとは発祥の国の違いであった!

パフェはフランス発祥、サンデーはアメリカ発祥のデザートです。

パフェは背が高く細長いグラスに、サンデーは低く幅のあるグラスに盛り付けられることが多いようです。

中身はほとんど変わりませんが、パフェはコーンフレークやアイス、生クリームなどを層にして積み重ね、サンデーはアイスクリームをベースにトッピングで彩られるといったイメージが一般的のようです。

 

スポンサーリンク

パフェとは

背の高いグラスに、フルーツやアイスクリーム、スポンジや生クリームなどをベースに積み重ね、様々なトッピングを施した彩り豊かなデザートのことです。

トッピングはチョコレートソースやフルーツソース、コーンフレークやお菓子などパフェに合わせてバリエーションも様々です。

そもそも「パフェ」とは日本で作られた言葉であり、フランス語の「パルフェ(Parfait)」が由来と言われています。

パルフェとは「完全な」という意味で、「完全なデザート(お菓子)」という意味として付けられたのだと言います。

しかしフランスのパルフェとは、現在日本でイメージするパフェとは全く異なるものでした。

生クリーム・卵黄・砂糖を混ぜ、型に入れて冷やし固めたものに、フルーツソースなどをかけたものでした。

軽い口当たりのアイスクリームのようなデザートだったそうです。

それが日本に伝わり、スポンジやフルーツなど加えられ、現在の華やかなパフェになっていったのです。

サンデーとは

サンデーとはアメリカが発祥のアイスクリームがベースになるデザートのことです。

高さは低く、幅の広いグラス容器に入れられてるものが多いようですが、実際のところは店舗によって異なるようです。

中身はパフェとほぼ一緒で、アイスクリームや生クリームなどに様々なソースやトッピングで仕上げられています。

それぞれの内容に合わせてチョコレートサンデー、フルーツサンデーと呼び名を変えています。

毎週日曜に限り、アイスクリーム店で販売されていたことから、サンデーと呼ばれるようになったとも言われていますが、日曜日を意味する「sunday」とは別表記で「sundae」と記されます。

日曜日はイエス・キリストの安息日だったため、そのままの綴りではなく、「sundae」と表記することとなったそうです。

パフェとサンデーの違いとは

パフェとサンデーの違いとしてはっきりしていることは発祥の国です。

パフェはフランス発祥、サンデーはアメリカ発祥のデザートです。

パフェは背が高く細長いグラスに、サンデーは低く幅のあるグラスに盛り付けられることが多いようですが、店舗によっても異なります。

中身はほとんど変わりませんが、パフェはコーンフレークやアイス、生クリームなどを層にして積み重ね、サンデーはアイスクリームをベースにソースやトッピングで彩られるといったイメージが一般的のようです。

どちらもレストランやカフェなどで人気のデザートです。定番のものだけでなく、季節に合わせたメニューも様々です。

バリエーション豊かなメニューで1年中私たちを楽しませてくれます。

シメパフェとは

ここ数年、締めのラーメンならぬ、「シメパフェ」という言葉も話題になりました。
飲んだ後の締めに食べるラーメンと同じように、お酒を飲んだ後や食事の後に食べるのがシメパフェです。
これは北海道札幌市で始まったもので、その後じわじわと広がりを見せています。
北海道は酪農で有名ですが、美味しい牛乳が豊富にあり、ソフトクリームも名産品です。
そんな地元の美味しいソフトクリームや乳製品を使用した、北海道のパフェが人気になったのも納得です。
ファミリーレストランやカフェで食べる可愛らしいパフェに比べ、大人向けで男性でも食べやすいパフェもたくさんあります。
ほろ苦いコーヒーテイストのパフェ、ブランデーなどのお酒の入ったパフェなど大人に向けたパフェを販売している飲食店も多々あるようです。
タイトルとURLをコピーしました