スポンサーリンク

ランプとイチボの違いとは

ランプとイチボの違いとは

この記事では

・ランプとは

・イチボとは

・ランプとイチボの違いとは

・ランプとイチボの値段は?どっちが高い?

・お肉を柔らかくする方法は?

についてまとめました。

結論

ランプとイチボの違い
部位と脂の量の違いです。

ランプとは、腰からお尻にかけての部位。脂が少なくあっさりとした味わい。

イチボとは、ランプの隣にあるお尻の外側の部位。霜降りの入った脂が特徴。

スポンサーリンク

ランプとは

ランプとは、牛の腰からお尻にかけての赤身の部位で、もも肉の部類に入ります。英語の腰骨を指す「ramp」が由来。

脂ののったサーロインの隣に位置しますが、ランプは脂身が少なくあっさりとしていて濃厚な赤身の味わいが特徴。脂と赤身のバランスがとても良く柔らかいので、脂身が苦手な方や筋トレ中の方に人気な部位です。

サーロインやヒレと比べると比較的安く購入できる上に、メニューにすると豪華な印象を与えます。主に厚切りのステーキや焼肉でも定番ですが、赤身で肉の旨味が強いのでローストビーフにも相性が良いです。

イチボとは

イチボとは、ランプの隣に位置するお尻の外側にある部位です。英語のお尻の骨を指す「aithbone」(エイチボーン)が訛って「イチボ」と呼ばれるようになりました。

 

イチボは一頭あたり2~4kgほどしか取れない、とても希少な部位です。柔らかく、霜降りの入った脂が特徴。脂っこ過ぎず適度な脂身と、赤身の旨味とのバランスがとても良い贅沢な味わいです。

イチボは味わいがサーロインに似ていて、サシも入っているので、ステーキにするのが特におすすめです。とてもジューシーで食べ応え抜群です。

ランプとイチボの違いとは

ランプとイチボの違いとは、部位と脂の量の違いです。

ランプは、腰からお尻にかけての赤身の部位。脂が少なくあっさりとした味わいで濃厚な赤身の旨味が特徴。一方、イチボはランプの隣に位置するお尻の外側にある部位。サシの入った霜降りと、柔らかくジューシーな肉質が特徴。

ランプとイチボは隣同士にあり、どちらももも肉の部類で、ランプとイチボをまとめて「ランイチ」と呼びます。イチボの方がお尻近くにあり、脂の量や肉質もそれぞれ異なります。

脂身が苦手な方や、ダイエット中・筋トレ中の方には、あっさりとした赤身の旨味が詰まったランプがおすすめです。また、赤身の旨味を楽しみつつ、柔らかくジューシーで脂ののったお肉が好きな方はイチボがおすすめです。

ランプとイチボの値段は?どっちが高い?

ランプは100gあたり約1100円、イチボは100gあたり約1300円です。

イチボは一頭あたり2kg程しか取れない希少価値の高い部位ですが、ランプは一頭あたり5kgほど取れます。そのため、大差はありませんが、基本的にイチボの方が高価で販売されています。

ランプもイチボも比較的一頭でとれる量は少なめですが、ブランドやランクによって値段は大きく異なります。ランクの高いブランド牛や和牛には高い価値がつき、イチボよりランプの方が高価で販売されているお店もあります。

お肉を柔らかくする方法は?

ランプやイチボなどの牛肉をご家庭でさらに柔らかくする方法をご紹介します。

下準備でお肉を柔らかくする方法は、ミートハンマーなどの道具を使って肉を叩いたり、包丁などで筋を切ることで繊維を紛砕させる事です。また「プロテアーゼ」が含まれる食材(キノコ類・野菜類・果物類・発酵食品)をペースト状にしてお肉に塗ったり、漬け込むことで調理後一段とお肉が柔らかく仕上がります。

タイトルとURLをコピーしました