スポンサーリンク

牡蠣にアニサキスはいない?他の寄生虫はいる?

牡蠣にアニサキスはいないというのは本当でしょうか?

“牡蠣にあたった”という声を聞くのも少なくないので、何かしらの原因があることは明白ですが、それは一体何なのか、気になりますね。

今回は牡蠣の生食について、

牡蠣にアニサキスはいない?

他の寄生虫のリスク

牡蠣の生食で気をつけるポイント

など、紹介していきます!

スポンサーリンク

牡蠣にアニサキスはいない?どんな寄生虫?

牡蠣にアニサキスが寄生する可能性は極めて低いです。

それはなぜでしょうか?

牡蠣の餌はプランクトン

牡蠣などの二枚貝はプランクトンを食べて成長します。

アニサキスが寄生する魚は、オキアミやイカナゴが主な餌となっています。

餌や生息場所の違いから牡蠣にアニサキスはいないと考えていいでしょう。

きちんと水質管理されている養殖ガキや、スーパーで市販されている牡蠣はとくに安心できます。

アニサキスはどんな寄生虫?

アニサキスはイカやサバ、アジ、サンマなどの内臓にいる寄生虫の一種です。

いろいろな魚に寄生するので、アニサキスが生きたまま口にして体内に入ってしまうと、数時間後にひどい吐き気や激しい痛みなどの症状が現れるアニサキス症という感染症を起こします。

一般的なアニサキス対策

内臓をキレイに取り除く

自分で捌くときは、鮮度の高いうちに処理し、内臓は取り除きましょう。

ただ、寄生していた魚が死んでしまうとアニサキスは内臓から筋肉(身)の方に移動してくるので、体内に入るリスクが高くなります。
アニサキスは白っぽく2〜3cmくらいの長さなので、目視でもチェックすることができるので、内臓の近くをしっかりと確認しましょう。

冷凍して死滅させる

アニサキスは低温に弱く、5℃以下で動きが鈍くなり、−20℃で24時間以上冷凍すると死滅します。

加熱して死滅させる

アニサキスは熱にも弱いので、加熱調理することで死滅させることができます。

70℃以上ならすぐに死滅し、60℃なら1分の加熱で死滅します。

牡蠣に寄生虫はいる?

牡蠣にアニサキスは基本的にいませんが、他の寄生虫がいる可能性があります。

ゴカイ

ゴカイは釣り餌にも使われる、牡蠣の貝と身の間にいる赤い寄生虫です。

アニサキスよりも大きく、色も赤いので比較的見つけやすいですよ。

水で洗うとすぐに取り除けますが、万が一食べてしまっても食中毒の心配はありません

その他の食中毒のリスクは?

牡蠣にはアニサキスなど食中毒を起こすような寄生虫の心配は基本的にないということがわかりましたね。

ただ、牡蠣には他にも食中毒のリスクがあります。

貝毒

牡蠣は貝毒が発生することかあります。

これは、餌となるプランクトンに毒が発生して、それを牡蠣が食べると、牡蠣の体内に貝毒が蓄積されてしまうのです。

加熱しても毒は消えないので、天然物には注意が必要です。

腸炎ビブリオ

腸炎ビブリオは海水に生息している細菌で、体内に入ると腸内で増殖して食中毒を引き起こします。

腹痛、嘔吐、下痢といった症状が何日も続き、ひどい場合には病院で抗生物質の治療を行うことになります。

軽症であれば、自宅で症状が落ち着くのを待つことになりますが、その際は水分補給をしっかりしましょう。

ノロウイルス

牡蠣の食中毒の中で、一番多いのがノロウイルスです。

ノロウイルスは感染力が強く、感染が拡がってしまうのが怖いですよね。

加熱調理が一番効果がありますが、調理前後の手洗いの徹底や、調理器具の消毒などもノロウイルスのリスクを下げることができます。

牡蠣を食べるとき気をつけること

牡蠣を安全に美味しく食べるためには、温度管理や衛生管理など、いくつか気をつけたいポイントがあります。

冷蔵庫で保存

菌の増殖を防いだり鮮度を保つためにも、買ってきたらすぐに冷蔵庫にしまいましょう。
4℃以下だと菌が増殖しにくいです。

スーパーから家に持ち帰るまでに温度が上がらないように、氷やドライアイスをもらったり、保冷バッグに入れるといいですね。

調理前に真水(流水)でよく洗う

腸炎ビブリオは真水に弱いので、流水で全体を洗い流します。

衛生管理をしっかりと

牡蠣を扱う前後はしっかりと手を洗い、他の食材に腸炎ビブリオがつかないよう気をつけます。
下処理に使用した包丁やまな板といった調理器具や食器類はよく洗い、ハイターなどで消毒します。

まとめ

ここまで、牡蠣にアニサキスがいる可能性は低いこと、他の寄生虫や食中毒のリスクについて紹介させていただきました。

牡蠣にはアニサキスなど食中毒を起こすような寄生虫はいません。
ゴカイという寄生虫がいることがありますが、食べても害はありません。
牡蠣で気をつけるのはノロウイルスや貝毒、腸炎ビブリオで、体内に入ると腹痛や嘔吐、下痢など激しい痛みの食中毒を起こすことがあります。

寄生虫のリスクは低い牡蠣の生食ですが、衛生管理を適切にすればさらに安心して食べられますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました