スポンサーリンク

たこ焼きのソース以外の食べ方は?おすすめ調味料を紹介!

たこ焼き器があれば、お家でいつでもタコパを楽しめますが、ソース以外の調味料たこ焼きを食べてみたことはありますか??

たこ焼きにかけるものといえば、ソースマヨネーズ鰹節青のりが基本ですね。

築地銀だこなどのたこ焼き屋でも、タルタルソース明太マヨなどのアレンジメニューがあるように、実たこ焼きを美味しく食べることのできる調味料がたくさんあるんですよ。

お家にあるソース以外の調味料を使った、たこ焼きの美味しい食べ方を紹介していきます!

スポンサーリンク

さっぱり食べるならポン酢がおすすめ!

濃いめのソースでおなかいっぱいになってきたら、さっぱりとしたポン酢にしてみましょう。

酢とタコの相性は抜群です。

大根おろし生姜をたっぷり乗せると、消化も促進されてヘルシーに食べることができます。

青ネギをたっぷりトッピングするのもいいですね。

イタリアン風に食べるならケチャップがおすすめ!

ケチャップをかけるとたこ焼きが一気に洋風になります。

チーズ乾燥バジルをプラスしてピザ風にしたり、マヨネーズと混ぜてオーロラソース風にするなど、ケチャップはアレンジ自在です。

途中でタコがなくなったら、ベーコンウインナーチーズなどを入れると、さらに洋風たこ焼きを楽しめますよ。

明石焼き風に食べるならめんつゆがおすすめ!

兵庫県明石市の名物、お出汁で食べる明石焼きのようにめんつゆに浸して食べると、いつものたこ焼きとは違った味わいを楽しめます。

https://twitter.com/soyommd/status/1533670092743262208?t=-EuEVex7GHjDmtBsDzrs9A&s=19

お出汁ネギ生姜鰹節などを入れるのもおすすめですよ。

和風に食べるなら醤油がおすすめ!

濃いめの和風味が好きな方は、たこ焼きを醤油で食べてみましょう。

ケチャップと同様に醤油もアレンジ自在で、にんにく生姜わさびなどをプラスするといろいろな味わいが楽しめます。

マヨネーズと混ぜて醤油マヨにすると、照り焼き風になります。

https://twitter.com/white___bass/status/1426508289429233671?t=5lklYX-o1UTwQYtMViwncg&s=19

たこ焼きは汁を吸いやすいので、醤油は小皿に出して、つけながら食べると塩分の摂り過ぎを防げます。

あっさり食べるなら塩がおすすめ!

は素材の味を邪魔せず、生地やタコの味を引き立ててくれます。

塩と一口にいっても、抹茶塩や岩塩、各種ハーブソルトなど、種類がたくさんあるので、シンプルな塩味から洋風な塩味まで楽しめます。

ネット上では、岩塩ハーブソルトなど、ちょっとリッチな塩でたこ焼きを食べるのが人気のようです。

爽やかな辛さが欲しいなら柚子胡椒がおすすめ!

柚子胡椒のピリッと爽やかな辛さがたこ焼きに合います。

和風料理によく合う柚子胡椒ですが、マヨネーズと混ぜて辛さをマイルドにして、洋風にするのもおすすめです。

本格的な辛さが欲しいならキムチの素がおすすめ!

魚醤が入ったキムチの素は、同じく海鮮のタコを使ったたこ焼きとの相性が良いです。

トロッとしたキムチの素たこ焼きによく絡んで、しっかりと辛さを味わえます。

キムチと相性の良いマヨネーズを一緒にトッピングしてもいいですね。

まとめ

ここまで、ソースの代わりたこ焼きを美味しく食べられる、おすすめの調味料について紹介させていただきました。

たこ焼きはいろいろな調味料を使うことによって、味変しながら楽しむことができます。

基本のソースで食べた後は、さっぱりとしたポン酢醤油お出汁などで和風にしたり、ケチャップで洋風にしたりと、アレンジ自在です。

タコが切れたら、使う調味料に合わせて具材もアレンジして、オリジナルたこ焼きでタコパを満喫しましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました