スポンサーリンク

ローソンの新作バスチー「バスク風ショコラチーズケーキ」は濃厚なショコラの滑らかさからさっぱりしたチーズの酸味に変わる変幻自在の美味しさ

こんにちは。

バスチーはチーズのしっとり感で常に幸せな気分になるとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、ショコラ色のバスチーを見つけ、さっそく購入しました。

 

今回は、ローソン「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」の試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」税込225円

上からバスチーを見てみます。

黄色のパッケージの上にはチョコレートがかかったようなデザインが。

ショコラ感の強い味わいなのでしょうか。

 

中身が気になりますね。

 

中身を取り出してみました。

密度の濃いバスチーには程よい重さがあります。

生チョコレートの様な濃厚なショコラの香りがします。

小ぶりで食べやすそうな大きさです。

包装紙を外してみました。

跡がしっかりつくほどしっかりと固められていますね。

これはますます濃厚な食感に期待が持てます。

 

詳細はどうなっているのでしょうか。

 

「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

2種類のチョコレートと北海道産生クリーム、クリームチーズとサワークリームを合わせた、

後味さっぱりのショコラチーズケーキです。

ということです。

後味のさっぱり具合が気になります。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

 

「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」を試食

まずは1口目からいただきます。

口に入れたらすぐに、

濃厚なチョコレートの滑らかさが広がります。

チョコレートの甘さとカカオのコクのバランスが良いので、

甘さとコクをしっかりと味わうことができます。

じっくりと楽しみたい美味しさです。

 

気になる後味のさっぱり感ですが、

チョコレートの濃厚さが広がった後に、

チーズの酸味とカカオの酸味

じわじわと出てきます。

少しずつチョコの濃厚さが消えていき、

最後に

チーズの酸味がほどよく残る

食感です。

初めはショコラの濃厚さを味わいながら、

徐々に酸味で消えていき、

チーズの酸味が残る

=さっぱりした後味

といったところでしょうか。

ごちそうさまでした。

後味のさっぱり感を何度も楽しめ

しっかりと完食です。

 

おすすめの食べ方は、

じっくりと味わう!

です。

じっくりと味わうことで、濃厚さからさっぱりした後味への変化をより楽しめますよ。

 

「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー   260kcal

糖質           19.0g

「「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキのカロリーは260kcalとなっていて、他社のバスク風ショコラチーズケーキのカロリーが270kcalから307kcalと比べると、平均的なカロリー設定です。

しっかりしたおやつとして1品で満足できる商品だと思います。

また、糖質も抑えられており甘さを気にせず食べやすいスイーツです。

 

まとめ

ローソンの「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」は、

 

初めの一口から濃厚なチョコの滑らかさが広がり、甘さとコクをしっかりと味わえるチョコレートとカカオのバランスの良さと、

じわじわと出てくるチーズとカカオの酸味ショコラの濃厚さが消えていき、

最後にチーズの酸味が残る事でさっぱりした後味に変わる、

 

味の三変化がクセになるバスチー

です。

 

味の変化をじっくりと味わってみましょう。

 

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「BASCHEE(バスチー) バスク風ショコラチーズケーキ」を探してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました