スポンサーリンク

ローソンの「くちどけレアチーズ ミルクレープ」は口どけのよいレアチーズクリームと相性が抜群なレモンの爽やかな酸味がポイント!

こんにちは。

ミルクレープは卵が強めな生地が好きなとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、三角形のケースに入ったミルクレープを見つけ、さっそく購入しました。

今回は、ローソン「くちどけレアチーズミルクレープ」の試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

「くちどけレアチーズミルクレープ」税込295円

ケーキを上から見てみます。

ミルクレープの皮の焼き色が模様に見えてきれいですね。
まるでキリンの肌色の様です。

うっすらとクリームが重ねられているのが見えます。

もう少し詳しくみていきましょうか。

 

ケースのふたを開けてみました。

ミルクレープの生地はふんわりとしているように見えます。

焼き色がしっかりとついていて、焼きプリンの焼き目のようですね。

食べるのが勿体ないくらい、焼き目をずっと見ていられそうです。

 

フィルムを外してみました。

クリームが幾重にも重ねられているのがわかります。

すき間なくクリームが詰められているためしっとりとした食感を味わえそうですね。

 

詳細はどうなっているのでしょうか。

 

「くちどけレアチーズミルクレープ」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

くちどけのよいクレープ生地に北海道産クリームチーズを使用したレアチーズクリームをサンドしました。

レアチーズクリームはやさしい乳味感となめらかな口あたりが特徴です。

レモン果汁を入れることで酸味をプラスし、爽やかな味わいに仕上げました。

レアチーズクリームの滑らかさとレモン果汁の爽やかさが気になりますね。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

 

「くちどけレアチーズ ミルクレープ」を試食

まずは1口目からいきます。

クレープ生地は、

焼き目の香ばしさがハッキリ!

しており、玉子の風味が口の中に広がっていきます。

レアチーズクリームと一緒に食べると

薄焼き玉子に似た食感

ほろっとほどけていきますよ。

 

レアチーズクリームは、

軽さと滑らかさが同居しており、

口の中で伸びるように溶けていきます。

後味として、

レモンの酸味がほんのり

と味わえ、さっぱりと抜けていきます。

レアチーズクリームレモンの酸味滑らか+爽やかさ

抜群の相性の良さ!

スプーンがどんどん進んでいきます。

後味にレモンを使っているため、レモンケーキの様なミルクレープのような不思議な味わいです。

 

ごちそうさまでした。

以外とボリュームがあり、

ちょうどよい充足感があります。

おすすめの食べ方は、

常温で柔らかく

です。

冷蔵庫から出した後、5分ほど置いたくらいが食べごろです。

レアチーズとレモンの爽やかさがよりハッキリして美味しくなりますよ。

 

「くちどけレアチーズ ミルクレープ」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー    338kcal

糖質            22.4g

「くちどけレアチーズ ミルクレープ」のカロリーは338kcalとなっていて、一般的なミルクレープのカロリーが 235kcalに比べると高めです。

間食に1品だけスイーツを選ぶなら食べ応えがあり、糖質も抑え目なこの商品はおすすめです。

 

まとめ

ローソン「くちどけレアチーズ ミルクレープ」は、

 

焼き目の香ばしさがハッキリとした薄焼き玉子に似た食感のクレープ生地が口の中でほろっとほどけ、

軽さと滑らかさが同居しているレアチーズクリームが滑らかに溶けていき、

後味としてさっぱりと抜けていくレモンの酸味がほんのり味わえる、

レモンケーキの様なミルクレープ

です。

アメリカンコーヒーと一緒に味わってみましょう。

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「くちどけレアチーズ ミルクレープ」を探してみてくださいね。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました