スポンサーリンク

セブンイレブンの「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」口コミ!カロリーや糖質も!

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯
(税込 453円)

こんにちは、ぱっちょです。

今回は、セブンイレブンのお弁当から「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」のご紹介です。

炊き込みご飯、五目ご飯、かやくめし、と呼び名はいくつかありますが、一緒に炊き込んだ具材・素材の味がお米に凝縮されてたまらない美味しさがありますよね。

そんな炊き込みご飯の今回のお弁当に対しては、こんな口コミも!

この記事では、「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」の購入から実食までのレビューを紹介しています。

色々具材がのった炊き込みご飯!

スポンサーリンク

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」を購入してきた

お昼になったので、お弁当を買いに出かけました。

今日の気分は、「炊き込みご飯!

珍しく明確なターゲットをもって、いつものセブンイレブンでお弁当コーナーに直行します。

ありました!

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」!

以前に「一番だしで炊いた」を謳(うた)い文句にしたお弁当が美味しかった記憶があり、新たな「一番だしで炊いた」お弁当の噂を耳にして購入を決めていました!

お値段も税込で453円です。

ワンコイン未満!」(支払いはキャッシュレス!)

本日のお昼は、「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」に決定です!

お店で温めてもらい、いそいそと帰ります。

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」のカロリーは?

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯
1包装当たりの栄養成分表示

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」の1包装当たりの栄養成分表示は次の表のとおりです。

1包装当たりの栄養成分表示(推定値)
熱量 516 kcal
蛋白質 21.8 g
脂質 11.3 g
炭水化物
(糖質・食物繊維)
84.1 g
(79.5 g・4.6 g)
食塩相当量 3.5 g

熱量が516 kcalなので、セブンイレブンのお弁当としては、量は控えめな方ですね。

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」のアレルゲン

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯
アレルゲン

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」のアレルゲンは次のとおりです。

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」のアレルゲン
小麦 大豆 鶏肉 ゼラチン

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」を観察してみた

帰宅し、お弁当をテーブルに置いて観察です。

全体イメージ

包装をはがし、ふたも取ります。

ふたオープン!

炊き込みご飯の上に、やや彩りを感じさせる具材が配置されています。

半分は鶏と玉子のエリア。

鶏と玉子のエリア!

具体的には以下の3種

  • 鶏肉焼き醤油たれ和え
  • 味付ゆで卵
  • 玉子そぼろ

残り半分は根菜の煮物などヘルシーな具材のエリア。

ヘルシーな具材エリア!

調理法の確認も含めて原材料名を見ると、具材は以下の通り

  • たけのこ人参煮(たけのこ、人参)
  • 椎茸煮
  • さつまいも煮
  • ピリ辛ごぼう炒め煮
  • ゆでいんげん

お弁当の高さはこんな感じ!

お弁当箱はちょっと変わった形状をしています。

栄養成分表示の熱量や炭水化物から考えるとサイズ的には妥当な大きさなのですが、お弁当箱の中ほどより上に行くほど広がっている形状のため、一部で物議を醸(かも)しているようですね。

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」を食べてみた

いただきます!

個々に味わってみた

最初は鶏肉焼きを1つつまんでぱくり。

鶏肉焼き

口当たりは醤油ベースのたれの味とほんのりコク

鶏肉の皮はプルッとした柔らかな舌触りを伝え、鶏肉はしっかり噛み応えがあり、噛むと旨味が広がります。

続けて、炊き込みご飯を1つまみしてぱくり。

炊き込みご飯

口に含むとふわっとコクが広がり、舌にはお焦げの香ばしさがほのかに感じられます。

舌で転がすとお米はハリがあり、噛むともっちりとした食感を返します。

噛んで広がる旨味はだしの風味でしょうか。

やや薄味で気持ちが落ち着く味です。

今度はヘルシー具材をいただきます。

まずは椎茸煮を1口ぱくり。

椎茸煮

表面はツルっとした舌触りで、味は甘さ強めな甘じょっぱさを感じます。

そして、噛むとクニュッとした弾力があり、味が染み出るように強まります。

次に人参煮を1口ぱくり。

人参煮

噛むとほどよく柔らかで、甘さは控えめに感じます。

椎茸煮の後に食べた影響もありそうですね。

続けてたけのこ煮を1口ぱくり。

たけのこ煮

味付けは薄味で、噛むと味が染み出します。

コリっとした舌触り柔らかめのシャク食感を楽しみます。

今度はゆでいんげんを1口ぱくり。

ゆでいんげん

ほんのり塩味で、シャク食感です。

次はさつまいも煮を1口ぱくり。

さつまいも煮

やや固めの歯ごたえで、さつまいも本来の甘さを感じます。

続けてごぼう炒め煮を1つまみぱくり。

ごぼう炒め煮

他の根菜よりやや濃いめの味付けで、うっすらとしたコクとしっかりシャク食感を味わい楽しみます。

ほとんどピリ辛感はないですね。

ここで、鶏と玉子の具材に箸をのばす前に炊き込みご飯を1つまみぱくり。

ごぼう炒め煮のコクの余韻があり、炊き込みご飯の美味しさをより強めてくれます!

さて、今度は玉子そぼろを1つまみしてぱくり。

玉子そぼろ

味付けは甘めで、舌で柔らかくほどけます。

甘さだけでは物足りず、炊き込みご飯と一緒に1口ぱくり。

玉子そぼろのせ炊き込みご飯

先に甘さが広がりますが、後からだしの旨味や風味が追いかけて合わさり、味が落ち着きます

お米も玉子そぼろも口の中でほろほろとくずれ、少し軽くなった甘さの中に旨味・風味が広がります。

次は味付ゆで玉子を1口ぱくり。

味付ゆで玉子

最初に強めの塩気、後から広がる黄身のコクを、白身のクニャ食感とともに味わいます。

のみ込むと口の中にコクと塩気が余韻のように残ります。

そこで炊き込みご飯を1口ぱくり。

やはり、コクが炊き込みご飯の味わいを深くしてくれます!

心のままに食べてみた

一通りの具材を味わったので、今度は具材と炊き込みご飯とを交互に、心のままに食べすすめます。

食べていて感じるのは食べる順番による味の強弱の変化

人参煮もたけのこ煮も、炊き込みご飯の後だと甘みをしっかり感じます。

同様に、ゆでいんげんもより塩気を感じますね。

濃い味の具材の後に炊き込みご飯を食べると、具材の余韻とともに炊き込みご飯のだしの旨味・風味を味わうことができました。

一方、薄味の具材の後に炊き込みご飯を食べると、炊き込みご飯のだしの旨味・風味が引き立ちました。

さらに、具材ごとに食感が異なるので、炊き込みご飯ともっちりハリ食感も含めて違いも楽しめました!

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」を食べ終えて

空っぽ!

ごちそうさまでした!

食べ終えて余韻にひたっていると、美味しく味わい、色々な味と食感を楽しめたと感じます。

ただ、穏やかな充足感とともにどこか物足りなさも感じます。

といっても、量としては516 kcalという熱量どおりの食べ応えでした。

この物足りなさは、甘さを除くと全体的に落ち着いた味わいだったのが理由でしょうか。

炊き込みご飯の存在感がもう少しあっても良かったかもしれませんね。

まとめ

一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」のレビュー、いかがだったでしょうか?

「炊き込みご飯」に期待して購入し、美味しく落ち着いた味わいと、色々な味と食感とを楽しめました。

刺激少なめな大人の味わいで、量も熱量516 kcalと抑えめ、これが税込453円でご購入いただけます!

「一番だしで炊いた鶏の炊き込みご飯」、お試しください!

タイトルとURLをコピーしました