スポンサーリンク

カシューナッツを食べ過ぎると体に悪いってホント?毎日食べるとどうなる?

 

サクサクした食感で食べやすくナッツ類に分類されるカシューナッツ。

健康意識の高まりとともに、食生活に取り入れる方も増えているようです。

この記事ではヘルスサポートとしての期待が高まる

カシューナッツを適量食べた時の効果

カシューナッツを食べ過ぎると体に悪いってホント?毎日食べるとどうなる?

食べ過ぎによるデメリットについてもご紹介したいと思います。

結論!カシューナッツを食べ過ぎると体に悪いってホント?

栄養価の高いカシューナッツですが、食べ過ぎることで消化不良や腎機能の低下。

また、肌荒れなどの原因になる場合があるため注意が必要です。

スポンサーリンク

カシューナッツを食べることによって期待できる代表的な効果・メリット

結論!カシューナッツを食べることによって期待できる代表的な効果・メリット

カシューナッツを食べるとコレステロールを正常に保つ効果や、貧血予防に繋がります。

また、ビタミンB1による疲労回復効果など様々な健康的メリットがあります。

コレステロールを正常に保つ

カシューナッツには脂質が含まれていますが、

その中でもオレイン酸という成分が多く、脂質の60%程度を占めています。

オレイン酸はコレステロールを正常に保つ効果があります。

この働きにより、動脈硬化にともなう生活習慣病の予防にも役立つとされています。

普段からインスタント食品が多い方や外食の多い方には特におすすめです。

貧血予防

カシューナッツは他のナッツ類に比べて、鉄が豊富に含まれています。

鉄が不足すると息切れや立ちくらみ、

またしっかり休んだはずなのに疲れが取れないなどの貧血症状に繋がります。

カシューナッツはこうした貧血症状の予防に効果があるとされています。

疲労回復効果

カシューナッツに含まれるビタミンB1疲労回復に役立つビタミンとも呼ばれています。

糖質をエネルギーに変換する効果があり、エネルギー不足になりにくくなります。

エネルギー不足になると疲れやすくなるので、積極的に摂りたい栄養素です。

食べ過ぎると体に悪いってホント?毎日食べるとどうなる?

結論!カシューナッツを毎日食べるとどうなる?

カシューナッツは適量であれば、毎日食べるとコレステロールを正常に保つ効果や、貧血予防。

また、疲労回復などに繋がるが、食べ過ぎには注意が必要です。

腹痛や下痢の原因となる

カシューナッツに含まれる食物繊維適量であれば、お通じを良くしたり、便秘予防の効果があります。

しかし、食べ過ぎることで腹痛や下痢の原因となる場合があります。

体に嬉しい効果がある食物繊維ではありますが、摂り過ぎには注意が必要です。

腎機能が低下している方は特に注意

カシューナッツにはカリウムも含まれていて、

カリウムは適量摂取で、むくみや高血圧予防に良いとされています。

しかし、過剰摂取すると腎臓に負担がかかるため、

腎機能障害を引き起こすことがあります。

普段から腎機能が低下している方は特に食べ過ぎないようにしましょう。

肌荒れに繋がる

カシューナッツには脂質が多く含まれています。

脂質といっても、コレステロールを正常に保つ効果があるオレイン酸など、

適量食べると体に良い成分でもあります。

しかし、過剰摂取すると肌荒れや毛穴が詰まることによるニキビなどの原因になります。

適量はどのくらい?

 

カシューナッツの適量は1日20個程度を目安にし、多くても25個以内にするのが良いでしょう。

また一度にたくさん食べるのではなく、

食前や間食として食べることで、食事による血糖値の急上昇を防げますのでおすすめです。

カシューナッツに限らず、どんな食べ物にも適量というのはありますので、

食べ過ぎに注意しましょう。

賢く食べて、健康に過ごしたいものです。

タイトルとURLをコピーしました