スポンサーリンク

しらたきと春雨の違いとは

しらたきと春雨の違いとは

この記事では

・しらたきとは

・春雨とは

・しらたきと春雨の違いとは

・しらたきと春雨はどっちが痩せる?

・しらたきダイエットレシピ

についてまとめました。

結論

しらたきと春雨の違い
原材料の違いです。

しらたきとは、こんにゃく芋やこんにゃく粉から作られたもの。

春雨とは、豆やじゃがいも・サツマイモのでんぷんから出来ている乾燥食品。

スポンサーリンク

しらたきとは

しらたきとは、こんにゃく芋をすりつぶしたり、乾燥させて粉状にして作られたものです。凝固剤として水酸化カルシウムを加え、ゼリー状のまま穴が開いた専用機に入れ、お湯の中に押し出して作られます。

白っぽい糸状が特徴で、お湯に押し出される様子が「白い滝」を連想させることから「しらたき」と名付けられました。

スーパーなどで安価で売られているしらたきですが、食物繊維が多く含まれていて低カロリー。とてもヘルシーな食材で、メイン料理から副菜まで幅広く使えます。

春雨とは

春雨とは、じゃがいもやサツマイモなどのでんぷんから出来ているもので、でんぷんを熱湯中に細い穴から綿状に押しだし、冷凍室で凍らせたのちに溶かし天日で乾燥させた食品です。

春雨は細い穴から細く押し出される様子が、“天候の春雨”のようだと言われたため春雨と名付けられました。

春雨は、モチモチとした食感が特徴。春雨は味がなく水分を吸収しやすくいので、スープや鍋料理などに使うと味が染み込み美味しいです。他にもサラダや和え物など幅広い料理に使える人気の食材です。

しらたきと春雨の違いとは

しらたきと春雨の違いとは、原料の違いです。

しらたきはこんにゃく芋やこんにゃく粉が原料でツルツルとした食感。水分を含んでいるので過熱をしてそのまま食べられます。一方、春雨は、じゃがいもやサツマイモなどのでんぷんが原料でモチモチとした食感。乾燥食品なので調理をする際、水で戻すなど下準備が必要です。

しらたきと春雨はどちらも鍋料理などに使われていて見た目も似ていますが、原材料は全く違います。

しらたきと春雨はどっちが痩せる?

しらたきと春雨では、しらたきの方が圧倒的にカロリーが低くダイエットに向いています。

100gあたり、しらたきは0カロリー、たんぱく質0.2g、脂質0。

春雨は、345カロリー、たんぱく質0.2g、脂質0.4g。

春雨は意外ですが345カロリーもあり、でんぷんが主成分なので食べ過ぎると太りやすくなる可能性があります。

一方、しらたきは食物繊維が豊富で、カロリーも脂質もゼロ。そして凝固剤として水酸化カルシウムが加えられているのでカルシウムも含まれています。

そのためダイエットには春雨よりもしらたきをおすすめします。

しらたきダイエット

ダイエットをするなら主食のかさましの他に、一日一食しらたきに置き換えた料理が定番です。うどんやラーメン・パスタなどの麺をしらたきに置き換えるだけ。

そのなかでもオススメのしらたき焼きそばをご紹介します。

まず、調理する前に「あく抜き」「乾煎り」を行いましょう。

  1. しらたきの水を切る
  2. しらたきに塩小さじ1/2ふりかける
  3. 沸騰したお湯に入れ5分ほど茹でる
  4. 冷水で洗い食べやすい長さに切る
  5. フライパンに油をひかず、しらたきを炒め、水分をとばす
  6. お皿にとりだす

 

【材料】1人前

  • お好みの野菜 適量
  • しらたき 150g
  • 豚肉薄切り 150g
  • 油 大さじ1/2
  • お好みソース 大さじ2
  • 青のり お好みで
  1. 豚肉は塩コショウをふり、野菜は一口大に切る
  2. フライパンに油を入れ豚肉を炒める
  3. 火が通ったら野菜も入れしんなりするまで炒める
  4. しらたきも入れソースを加え、味が馴染むまで炒める
  5. お皿に盛り付け、お好みで青のりをかける

以上で低カロリーのしらたき焼きそばの出来上がりです。ダイエットを行う際はぜひ試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました