スポンサーリンク

あん肝にアニサキス(寄生虫)はいる?冷凍や加熱すれば食べられる?

あん肝はフォアグラのように濃厚で美味しいですが、アニサキス(寄生虫)が心配になりませんか??

アニサキス食中毒が増えてきて、魚介類を食べるのに抵抗がある方も多くなってきたのではないでしょうか。

今回は、あん肝に潜むアニサキスの危険性、見つけ方や安全な食べ方など、紹介していきます!

スポンサーリンク

あん肝にアニサキスはいる?どんな寄生虫?

アニサキスはイカやサバ、アジ、サンマなどの内臓にいる寄生虫の一種です。

あん肝はアンコウの肝臓なので、まさにアニサキスの住処といえますね…

アニサキスはあん肝に寄生する

アンコウの肝臓であるあん肝にも寄生するので、アニサキスが生きたまま口にして体内に入ってしまうと、数時間後にひどい吐き気や激しい痛みなどの症状が現れるアニサキス症という感染症を起こします。

アニサキスの見つけ方

家庭であん肝を調理するときは、加熱調理する場合が多いと思います。

居酒屋では、新鮮なアンコウが入荷すると、あん肝の刺し身で生食できることもあります。

アニサキスは白っぽく2〜3cmくらいの長さなので、目視でもチェックすることができるので、内臓の近くをしっかりと確認しましょう。

鮮魚店や飲食店ではブラックライトを取り入れているところもあるそうです。

あん肝を安全に食べる方法

目視で確認

自分で捌くときは、鮮度の高いうちに処理し、目視でよく確認しましょう。

もしアニサキスなど寄生虫を発見したら、取り除いて加熱して食べましょう。

アニサキスは冷凍で死滅する

アニサキスは低温に弱く、5℃以下で動きが鈍くなり、−20℃で24時間以上冷凍すると死滅します。

あん肝は楽天市場などの通販サイトで冷凍品を購入することができます。

以前はあん肝やアンコウの身は冷凍すると食感が落ちると不評でしたが、最近は冷凍技術の進化により、冷凍品でも美味しく食べられるものが増えているということです。

スーパーに並んでいるあん肝は「解凍」とパッケージに記載があればアニサキスの心配はありません。

アニサキスは加熱で死滅する

アニサキスは熱にも弱いので、加熱調理することで死滅させることができます。

70℃以上ならすぐに死滅し、60℃なら1分の加熱で死滅します。

ソテーするときは、中まで火が通るようにしっかりと加熱しましょう。

家庭でのあん肝料理といえば、あん肝を棒状に丸めて蒸した“あん肝ポン酢”ではないでしょうか。

30分ほど蒸して、中までしっかり火を通すので、アニサキスの心配はなさそうです。

下処理として、筋や薄皮を取り除いて血などの汚れをしっかり洗い流すと、美味しく仕上がります。

アニサキスは酢漬けや塩漬けで死滅する??

アニサキスは酸に強く、体内に入っても1週間くらい生きると言われています。

酢で締めたり、塩漬けにしても死滅しません。

居酒屋であん肝のお刺し身を食べるとき、お醤油につけてもアニサキスに効果はないので、目視で確認してからよく噛んで食べましょう。

まとめ

ここまで、あん肝に潜むアニサキスのリスク、安全な食べ方など、紹介させていただきました。

アンコウの肝臓であるあん肝にはアニサキスがいる可能性があります。
アニサキスは体内に入ると、腹痛や嘔吐など激しい痛みのアニサキス症を起こすことがあるので、目視でしっかりと確認しましょう。
内臓なので、家庭での生食はおすすめしませんが、飲食店で生のあん肝を食べる場合は、目視でよく確認しましょう。
もしアニサキスを見つけたら、生食はせずに加熱調理してください。
アニサキスは24時間以上冷凍すると死滅するので「解凍品」は心配ありません。
加熱調理でも死滅させることができます。

あん肝にアニサキスを見つけたら、適切な処理をして安全に食べましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました