スポンサーリンク

スタバ クレジットカード

皆さんは、スターバックスに行く頻度はどのくらいですか?

週に1度は利用する、あるいはもっと利用するという人もおられると思います。

スタバでのお会計の際に、現金で支払っているという方は、もったいないですよ〜!

よく利用するという方は特に!もっとお得に便利にスタバを利用できる方法があります。

今回は、スタバのお会計がお得になる情報をいくつかお届けします!

スポンサーリンク

スターバックスでの支払方法

スタバの支払い方法は以下の通りです。

現金
スタバカード
クレジットカード
交通系電子マネー(交通系ICカードなど)
スマホ決済(QRコード決済)

スタバカードとは、一部店舗を除いた全国のスタバで利用できる「プリペイドカード」で、事前にカードへお金を入金(チャージ)し、そこから支払います。

電子マネーのように、何度でもチャージが可能です。

※ クレジットカードなどのキャッシュレス決済は、ショッピングセンター内など、店舗によって異なる場合があるので、詳しくは店頭のアクセプタンスマークを確認してください。

今回、この中からおすすめしたい支払い方法は、「スターバックスカード」なのですが、よりお得に利用するためのコツがあるんです!

そのコツとは、スタバカードと連携したクレジットカードを使うこと

その活用方法について詳しくみていきましょう。

スターバックスで使えるカード

スターバックスで使えるクレジットカードは、以下の5つの国際ブランドのカードです。

VISA

Mastercard

JCB

American Express

Diners Club

スターバックスは5つの国際ブランドに対応しているので、大半のカードでの支払いが可能ということになりますね。

でも、クレジットから支払うと、ポイント還元率が0.5%〜1.0%程度なので、あまりお得感がありません。

お得になるためには、スターバックスカードにクレジットカードでチャージすることです!

スタバカードには、「カードタイプ」、「デジタルスターバックスカード」、「モバイルスターバックスカード」、「LINEスターバックスカード」があります。

いずれのスタバカードでも、レジで現金やクレジットカードを利用した入金が可能です。

では、クレジットカードからチャージするとどんなメリットがあるのかみてみましょう!

スターバックスカードにクレカでチャージが一番お得

メリット①オンライン入金でチャージ&お会計がラク

現金やスタバカードで払う場合は店頭で入金をしてから支払いをする必要がありますが、クレジットカード持っている方に限り、スタバカードにオンラインでクレジットカードからチャージできる「オンライン入金」が利用できます。

さらに、オンラインで毎回のチャージが面倒という方におすすめなのが「オートチャージ」機能です。

このオートチャージ機能に設定しておけば、設定金額未満になるとクレジットカードから自動入金されるのでとても便利です。

設定金額を決める事ができるので、キャッシングが怖い人は、金額を低めに設定しておくと安心ですよ。

メリット② 1番お得なクレジットカードで、チャージ金額の14.8%がポイント還元率

スターバックスは「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」つまり、ポイント10倍アップ店(特約店)に指定されているので、高還元率が可能なんです。

通常還元率0.5%
×10倍(JCB ORIGINAL SERIESパートナー特典)
+0.5%(JCB CARD W特典)
+3.5~9.3%(スタバカードの還元率)
=14.8%

14.8%還元率って凄いですね!

クレジットカード利用で貰えるポイント5.5%分と、スターバックスから貰えるポイント(Star)9.3%分の2重取りが可能です!

・クレジットカードでスタバカードにチャージするとクレジットカードにポイント付与

・スターバックスカードを使って店舗決済をするとスターバックスのポイント「Star」が付与

1回50円(税抜)のお支払いにつき1グリーンStarがスターバックス会員アプリMy Starbucksへ付与されます。

Starを貯めることでさまざまな特典が受けられるので利用しないと損ですよ。

現金を使ってのお会計よりもスムーズで無駄な時間も節約できていいことだらけ!

スタバカードのチャージにおすすめのクレカ5選

スタバカードを発行した後、クレジットカードからスタバカードにチャージして決済すると大変お得という事がわかりました。

おすすめのクレジットカードをみてみましょう。

JCB CARD W

JCB CARD Wは、JCB一般カードの2倍のポイント(1000円につき2ポイント)が付与されるお得なカードです。
18~39歳の方が年会費無料で入会でき、40歳以降も継続できます。
スターバックスカードへのオンライン入金またはオートチャージを行うと10倍のポイントが付与されます。
ただし、10倍の計算は1000円につき1ポイントなので、もらえるポイントはあくまで10ポイントということになります。
JCB CARD Wは年会費が無料なのに、いつでもどこで利用してもポイント還元率が1.0%と大変お得なクレジットカードです。

今ならお得なキャンペーン中です↓

* ネット新規入会限定!最大14,500円分プレゼント
* スマリボ登録&利用でポイント10倍に!
* 【対象期間】:2020年10月1日~2021年3月31日の間の申し込み分

au PAYカード

スターバックスカードにau PAYカードを使ってオンライン入金をすることで驚異の3.5%の還元率でポイントを貯めることができます。

※au PAYカードは、au PAY カードにご登録されているau IDに紐付くau携帯電話(スマホ・タブレット・ケータイ・Wi-Fiルーターなど)、auひかり、auひかり ちゅら、UQ mobileの契約がない場合、かつ、au所定の基準日から1年間カード利用がない場合、その翌年度は年会費1,375円(税込)がかかります。
auを利用している方におすすめのクレジットカードです。

エポスカード

エポスカードは年会費が無料です。
しかも、充実した海外旅行傷害保険が付帯しているほか、全国の飲食店や遊園地、カラオケ店などの代金が割引されるといったサービスが受けられます。
スターバックス カードにオンライン入金・オートチャージするとエポスポイントが2倍となります。
(例)通常:利用金額200円で1ポイント
→ 本サービス:利用金額200円で2ポイント

※エポスカードからのオンライン入金・オートチャージが条件となります。

貯まったエポスポイントをスターバックスカードに1ポイント1円でチャージすることも可能です。交換単位は500ポイントごとになります。

dカード

スターバックスはdカードの特約店で年会費が無料です。
スタバのアプリのほうでオンラインチャージをするとき、dカードを使うと通常の1%に3%が上乗せされて「100円(税込)の利用について合計4%」のポイント付与になります。
これにスタバのスターの最大9.5%を乗せれば「合計で最大13.5%」ということになります。
dカードを所有しているドコモユーザーはこちらを利用するととてもお得ですね!

ANA JCB カード

ANA JCBカードは、スターバックスの店頭でチャージする場合、100円につき1マイルが貯まりますが、スターバックスのウェブサイトからオンライン入金後、My Starbucksへログインしてチャージを行うと2倍のマイルが貯まります。
ANAカードは年会費が2000円かかります(初年度は無料)。
ANAをよく利用する方におすすめです。

スターバックスで使える電子マネー

2021年1月13日からは、Suicaをはじめとする9種類の交通系電子マネーが使えるようになりました。

クレジットカードからスターバックスカードにチャージする方がお得ではありますが、ときどき利用する方は、こちらでのお支払いも便利でおすすめです。

スターバックスで使える電子マネーはこちら↓

Suica
PASMO
Kitaka
manaca
TOICA
ICOCA
はやかけん
nimoca
SUGOCA

交通系ICカードはポイント還元を行うものとそうでないものがありますが、Suicaの場合Viewカードを発行してSuicaにチャージして支払い」をすると合計で1.5%の還元率になるようです。(他の交通系ICカードはそれぞれのルールによります)

※ショッピングセンター内など、店舗によって異なる場合があるので、詳しくは店頭のアクセプタンスマークを確認してくださいね。

まとめ

今回は、スタバのお会計を安くする方法についてご紹介させていただきました!

・おすすめの支払い方法は、スタバカードをクレジットカードからチャージして使う

・メリット①オンライン入金でチャージ&お会計がラク

・メリット② 1番お得なクレジットカードで、チャージ金額の14.8%がポイント還元率

・おすすめのクレカは、JCB CARD W、au PAYカード、エポスカード、dカード、ANA JCB カード

・Suicaをはじめとする9種類の交通系電子マネーも利用可能

キャッシュレス決済で、スタバをもっとお得に利用しましょう!

最後までご覧くださりありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました