スポンサーリンク

ローソンの「ベイクドチーズケーキ」を食べてみた。スフレの口どけの軽さとプリンのKiri感がたまらない名残惜しい美味しさ

こんにちは。

ベイクドチーズケーキは表面の香ばしさが好きなとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、Kiriクリームチーズ使用と書かれたカップデザートを見つけ、さっそく購入しました。

 

今回は、ローソン「ベイクドチーズケーキ」の試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

「ベイクドチーズケーキ」税込166円

カップを上から見てみます。

可愛らしいベイクドチーズケーキのイラストに季節を感じますね。

 

横には、Kiriの文字が。

Kiriといえば、一口サイズのクリームチーズとして売られています。

 

Kiriのクリームチーズが使われているということは・・

味に期待が持てます。

 

カップのふたを開けてみました。

チーズケーキの表面は、

ソフトな焼き上がりです。

ほのかにクリームチーズの滑らかな香りがします。

 

カップを横から見ると、

焼き色部分とクリームチーズの層が2つに分かれています。

きれいなグラデーションの様です。

 

それぞれ味の違いがありそうですね。

 

詳細はどうなっているのでしょうか。

 

「ベイクドチーズケーキ」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

人気の「Kiri®️」クリームチーズを使用した、2層仕立てのチーズデザートです。

しっかりと固めたチーズプリンの上にしっとりとしたチーズスフレを重ね、クリーミーで濃厚な味わいに仕上げました。

ということです。

 

チーズプリンにチーズスフレ

新しいベイクドチーズケーキの食感が気になりますね。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

 

「ベイクドチーズケーキ」を試食

まずは1口目からいただきます。

チーズスフレですが、

粗ごし感を残した食感で、

空気の様にふわっと溶けていきます。

スフレ焼き上がりがソフトな仕上がりで口どけも軽いです。

甘さとチーズの酸味がほどよく、

スフレだけでもスプーンが進みます。

 

スフレの下のチーズプリンは、

Kiriらしいバターの様な滑らかさ

クリームをほんのり固めた仕上がりです。

さっぱりとした酸味があり、

後味がすっきりしています。

 

チーズスフレと合わせると、

初めにプリンの滑らかさを味わい、

後からスフレの甘さを感じ、

後味はチーズのすっきりした酸味でさっぱりといったところでしょうか。

 

ごちそうさまでした。

Kiriのクリームチーズの美味しさ

名残惜しく完食です。

 

おすすめの食べ方は、

初めに分けて最後は一緒に

です。

 

初めに、スフレとプリンをそれぞれ味わってから一緒に食べると、食感の違いがはっきりしますよ。

 

「ベイクドチーズケーキ」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー     182kcal

糖質             13.2g

「ベイクドチーズケーキ」のカロリーは182kcalとなっていて、

一般的なベイクドチーズケーキのカロリーが200kcalから300kcal前後と比べると、低めに抑えられています。

 

糖質も低くすっきりした後味で、甘さやカロリーを気にせず味わえる商品です。

 

まとめ

 

ローソン「ベイクドチーズケーキ」は、

 

粗ごし感を残した食感空気の様にふわっと溶けていくチーズスフレの甘さと酸味が丁度良い口どけの軽さと、

Kiriらしい滑らかさでクリームをほんのり固めた仕上がりのチーズプリンのさっぱりした酸味とすっきりした後味

同時に味わえる

 

クリームチーズの旨さがたまらないベイクドチーズケーキです。

 

スフレとプリンの違いを味わってみましょう。

 

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「ベイクドチーズケーキ」を探してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました