スポンサーリンク

ローソンの「栗クリームぜんざい」は小豆本来の味わいのつぶ餡と弾むようなもちもち感の白玉にミルクなクリームが丁度良い甘味処な美味しさ

こんにちは。

ぜんざいは煮立てた直後の暖かさにほっこりしてしまうとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、

黄色のきれいな栗に目が止まり、さっそく購入しました。

 

今回は、ローソン「栗クリームぜんざい」の試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

「栗クリームぜんざい」税込295円

カップを上から見てみます。

栗の甘露煮と白玉団子がきれいに配置されていますね。

下の方にはあんがたっぷり入っているようです。

カップの中はどうなっているのでしょうか。

 

カップのふたを開けてみました。

栗の下には生クリームが絞られています。

白玉は全部で4つ入っていますね。

食べ応えのある量です。

 

あんは小豆の粒がはっきりとしたつぶあん仕立ての様です。

食感を楽しめそうですね。

 

詳細はどうなっているのでしょうか。

 

「栗クリームぜんざい」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

風味豊かな北海道産小豆を使用したつぶ餡にもちもちの白玉と栗をトッピング。

コクのあるミルキーなクリームを組み合わせ上品な甘さに仕上げています。

ということです。

秋に収穫される北海道産小豆を使った旬なぜんざいのようですね。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

 

「栗クリームぜんざい」を試食

まずは1口目からいきます。

あんの上に乗せられた白玉は、

弾むようなもちもち感があり、かむほどに伸びていきます。

あんやクリームと合わせやすく砂糖は控えめの仕上がりのようですね。

黄色が目立つ栗は、

ホロッとした固めの食感で、柔らかすぎず白玉と合わせると、

カリっ+モチっ 2つの異なる食感を同時に味わうことができます。

 

あんは、小豆の粒がしっかり残っており、

小豆を味わえるつぶ餡仕立て

になっており、小豆本来の香ばしさとほくほく感を生かしているため、スプーンが進みますね。

甘さが控えめなのであんとしては、あっさりとした美味しさです。

 

クリームは、

ミルクの甘さが際立っていて

あんや白玉と合わせると

+甘さを調節できます。

滑らかなクリームぜんざいを洋風スイーツに変化してくれるため、

ぜんざいを2度楽しめます。

 

ごちそうさまでした。

甘さが控えめなため、あっという間に食べきる事ができました。

 

おすすめの食べ方は、

冷やしぜんざいが良い!

です。

冷蔵庫でしっかりと冷やしてから食べることであんの小豆の味をより美味しく感じられますよ。

 

「栗クリームぜんざい」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー  250kcal

糖質         45.5g

「栗クリームぜんざい」のカロリーは250kcalとなっていて、一般的なぜんざいのカロリーが336kcalと比べると低めに抑えられています。

 

食べやすいぜんざいですが、糖質が45.5gと高いため、気になる人は食べる前によく確認する事をおすすめします。

 

まとめ

ローソン「栗クリームぜんざい」は、

かむほどに伸びていき、弾むようなもちもち食感の白玉ホロッとした固めの食感の栗で、

カリっ+モチっの2つの異なる食感を味わえ、

小豆本来の香ばしさほくほく感を生かしたあっさり仕立てのつぶ餡と、ミルクの甘さが際立ったクリームを一緒に味わうことで、

洋風+和風と2度ぜんざいを味わえる、

甘味処で食べたい秋らしいぜんざい

です。

お番茶と一緒に味わってみましょう。

 

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「栗クリームぜんざい」を探してみて下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました