スポンサーリンク

バームクーヘンの保存方法と賞味期限は?長持ちさせるポイントと腐るとどうなるのかを紹介

普段のおやつからお土産としても人気なお菓子・バームクーヘンの日持ちする保存方法は知っていますか?今回はバームクーヘンの正しい保存方法【未開封・開封済み】と長持ちさせるポイント・賞味期限の目安賞味期限切れのバームクーヘンは食べられるのか・腐ったらどうなるのかを紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

バームクーヘンの保存方法は?

バームクーヘンの保存方法を未開封の場合と開封済みの場合に分けて紹介します。

未開封の保存方法

バームクーヘンは18℃~24度の冷暗所で保存するようにしましょう。

未開封の場合の保存するポイントは以下の通りです。

  • 直射日光を避ける
  • 風通しの良い部分が場所
  • 気温が変化しやすい場所には置かない
  • 暑い季節は冷蔵庫

温度によってコーティング部分が溶けてしまい食感も変わってしまう可能性があるので、暖かい季節や砂糖などでコーティングされているバームクーヘンは冷蔵庫で保存することをおすすめします。

【冷蔵】開封済みの保存方法

開封済みのバームクーヘンは空気や湿気で傷みやすくなるので、なるべく冷蔵保存をしましょう。

冷蔵保存方法はこちら。

  1. 1食分ずつ切り分け小分けにラップする
  2. 保存袋にいれて密封し、冷蔵庫に保存

冷蔵保存する際のポイントは、ニオイの強い食材を近くに置かない事です。

においの強い食材が近くにあるとバームクーヘンは臭いを吸収してしまう上、乾燥するとパサパサになってしまうので、ラップでしっかり包み保存袋で密封しておきましょう。

冷蔵庫で保存すると食感が固くなってしまいますが、食べる前に常温で30分ほど放置しておくとしっとりした食感に戻りますのでお試しください。

【冷凍】開封済みの保存方法

開封済みのバームクーヘンは冷凍保存も可能です。しかし、生クリームやフルーツなどが加えられているバームクーヘンは冷凍すると食感が変わってしまうので冷凍保存は避けましょう。

冷凍保存方法は以下の通りです。

  1. 1食分ずつにカットし、ラップで小分けに包む
  2. 冷凍用保存袋に入れ密封し、冷凍庫に入れる

冷凍保存する際のポイントは、ニオイの強い食材を近くに置かない事です。

冷凍庫から何度も取り出すと温度差によって結露が発生しカビが生えやすくなります。なので冷凍する際は食べきれるサイズにわけてラップでしっかりと包んでおくと良いでしょう。

冷凍保存したバームクーヘンを食べる際は、冷蔵庫に移してじっくりと自然解凍が良いです。時間はかかりますが美味しく解凍するためのポイントになるのでおすすめです。冷凍保存はまとめ買いした時などにも便利なので試してみてくださいね。

バームクーヘンの賞味期限は?

市販のバームクーヘンの賞味期限は平均2週間程度です。しかしバームクーヘンは商品によって賞味期限は大きく異なり、早くて1週間のものから1ヶ月日持ちするものまで様々です。

ホールのバームクーヘンよりカットされた個包装の方が賞味期限が長い傾向にあります。バームクーヘンを購入する際は事前に賞味期限をチェックしておきましょう。

バームクーヘンの賞味期限切れは食べられない?

バームクーヘンは賞味期限が切れてしまっても未開封・保存状態が良い場合はすぐに腐ることはありません。市販のバームクーヘンには脱酸素剤が包装されている場合が多いので、傷みにくいといえるでしょう。しかし、開封済みのものは傷みやすくなるので注意しましょう。

バームクーヘンが腐るとどうなるの?

腐っているバームクーヘンの特徴を紹介します。

  • 粘っている
  • カビが生えている
  • 酸味・酸っぱいニオイがする
  • 味がちがう

本来甘いはずのバームクーヘンから酸味や酸っぱいニオイを感じたら腐っている証拠です。カビが生えてしまったら食べずに迷わず破棄しましょう。

タイトルとURLをコピーしました