スポンサーリンク

ひやむぎとそうめんの違いとは

ひやむぎとそうめんの違いとは

この記事では

・ひやむぎとは

・そうめんとは

・ひやむぎとそうめんの違いとは

・ひやむぎとそうめんのカロリーは?

・ひやむぎの美味しい茹で方は?

についてまとめました。

結論

ひやむぎとそうめんの違い
製法と麺の太さと食感の違いです。

ひやむぎは、生地を綿棒で薄く伸ばし、細く包丁で切ります。麺の太さは1.3㎜~1.7㎜未満とJAS(日本農林規格)で決められています。そうめんよりも麺が太く、食べ応えがありもっちりとした食感。

そうめんは、食用油を塗りながら手で糸のように生地を薄く延ばします。麺の太さは1.3㎜未満とJAS(日本農林規格)で決められています。そうめんは、のど越しが良くツルっとした食感。

スポンサーリンク

ひやむぎとは

ひやむぎとは、うどんの一種で麺の太さが1.3㎜~1.7㎜未満とJAS(日本農林規格)で決められていて、そうめんよりも麺が太く食べ応えがあり、もっちりとした食感

ひやむぎは、小麦粉と水をよくこねて綿棒で薄く伸ばし、細く包丁で切り乾燥させます。

室町時代に、うどんをさらに細かくきった「切麦(きりむぎ)」がよく食べられていて、この切麦が起源と言われています。当時は、季節によって食べ方も変わり、冷やしたものを「冷麦」、温めたものを「熱麦」と呼んでいました。現在は温めたものを「うどん」と呼ぶことが多くなったため、「熱麦」と呼ばれなくなり、冷やして食べる「ひやむぎ」の名が残りました。

そうめんとは

そうめんとは、うどんの一種であり麺の太さが1.3㎜未満とJAS(日本農林規格)で決められていて、伸びにくくのど越しの良い、つるっとした食感です。

小麦粉に水と食塩を入れ、こねて引き延ばしながら生地の表面に油をひき、細くしてから乾燥させる製法で、これらを「手延べそうめん」と呼びます。現在は機械で製造されることが多く、機械で作られたそうめんを「機械そうめん」と呼びます。

そうめんは作られた年に販売された商品を「新物」、1年間熟成の後に販売されたものを「古物」、2年間熟成の後に販売されたものを「大古物」と呼びます。熟成期間が長いほど、コシが強くしっかりとした麺になります。

ひやむぎとそうめんの違いとは

ひやむぎとそうめんの違いとは、製法と麺の太さと食感の違いです。

ひやむぎは長径1.3㎜~1.7㎜未満、そうめんは1.3㎜未満とJAS(日本農林規格)で決められています。また1.7㎜以上になると「うどん」と呼ばれます。ひやむぎは、生地をよくこねて綿棒で薄く伸ばし、細く包丁で切り乾燥させる製法に対し、そうめんはこねて引き延ばしながら生地の表面に油をひき、細くしてから乾燥させます。

ひやむぎは、そうめんよりも麺が太く食べ応えがあり、もっちりとした食感。一方そうめんは、のど越しが良く、ツルっとした食感です。

ひやむぎとそうめんのカロリーは?

ひやむぎとそうめんのカロリーは100gあたり

ひやむぎ (乾麺)348kcal

そうめん (乾麺)356Kcal

です。

ひやむぎとそうめんは、どちらも小麦粉を主原料としているので、カロリーに大きな差はありません。どちらも栄養価は一緒で、炭水化物がほとんどなので、たんぱく質やビタミン類・ミネラルを含んだ食材(トマト・オクラ・みょうがなど)と一緒に食べることをおすすめします。

ひやむぎの美味しい茹で方は?

ひやむぎの美味しい茹で方をご紹介します。

  1. 鍋にたっぷりの水を入れ沸騰させる
  2. 沸騰したら麺を回し入れるようにパラパラといれ、静かにかき混ぜる(約3分)
  3. 再沸騰したら、吹きこぼれないように火力を調節。
  4. ザルにとり、冷水で素早く水洗いをする
  5. 水気をとり完成
タイトルとURLをコピーしました