スポンサーリンク

お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは

お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは

この記事では

・お好み焼きとは

・もんじゃ焼きとは

・お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは

・大阪はなぜお好み焼きが有名なの?

・お好み焼き「モダン焼き」ってなに?由来は?

についてまとめました。

結論

お好み焼きともんじゃ焼きの違い
だし汁の量・具材・味付けの違いです。

お好み焼きとは、小麦粉・卵・だし汁でドロドロとした固めの生地を作り、キャベツをメインとしてお好みの具材を入れてかき混ぜ丸い形に整えながら焼く鉄板料理。ソースやマヨネーズをかけて食べるのが一般的。

もんじゃ焼きとは、小麦粉やだし汁で液状にした生地に、細かく切ったキャベツを加え、醤油やウスターソースで味をつけて焼く鉄板料理。小さなヘラで押さえつけ焦がして食べるのが一般的です。

スポンサーリンク

お好み焼きとは

お好み焼きとは、東京発祥の鉄板料理です。小麦粉・卵・だし汁でドロドロした固めの生地を作り、基本材料であるキャベツから、豚肉・魚介類・麺類などのお好みの具材を加え、丸い形に整えながら焼きます。

お好みの具材を入れて焼くことから「お好み焼き」と名付けられました。「お好み焼き」が誕生する前は、大阪などの関西圏で「一銭洋食」と呼ばれていました。「一銭洋食」は薄く焼いた生地にネギをのせ半分に折り、ウスターソースをかけた料理で、当時は子どものおやつとして親しまれていました。

刻んだキャベツと豚肉が定番ですが、イカやエビなどの魚介類や、ネギをたっぷり入れたネギ焼き、お餅とチーズを入れたりとアレンジは様々。生地には味がついていないため、ソースやマヨネーズ、青のり・鰹節などをかけて食べるのが一般的です。

お好み焼きといえば、大阪を中心とした関西圏のイメージがありますが、店舗数は広島圏が断トツ1位であり、広島では、麺の入った生地を薄く焼き、その上に豚バラ・キャベツ・もやしを重ねて焼く「広島風お好み焼き」が主流です。

もんじゃ焼きとは

もんじゃ焼きとは、東京発祥のローカルフードで、関東の駄菓子屋で子供向けのお好み焼きを作ろうとするが、だし汁を入れ過ぎて失敗したことがきっかけで、もんじゃ焼きが誕生しました。昭和40年頃までは駄菓子屋にもんじゃ焼きの鉄板があり、子どもたちのおやつとして長年愛され続けました。

もんじゃ焼きは、小麦粉やだし汁で液状にした生地に、細かく切ったキャベツを加え、醤油やウスターソースで味をつけて焼く鉄板料理です。先にキャベツで土手を作りその中に生地を流し入れ、固まったら小さなヘラで押さえつけ焦がしながら食べます。

キャベツ・豚肉・天かすなどの定番の材料以外に、ベビースターラーメン・チーズ・明太子を入れるのが人気です。

お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは

お好み焼きともんじゃ焼きの違いとは、だし汁の量・具材・味付けの違いです。

お好み焼きは、小麦粉・卵・だし汁でドロドロとした固めの生地を作り、お好みの具材(豚肉・魚介類・野菜)を入れて丸い形に整えながら焼きます。一方、もんじゃ焼きは小麦粉・だし汁で液状の生地を作り、細かく切ったキャベツを入れ、お好みの具材(豚肉・天かす・ベビースター・チーズ・明太子など)を入れ醤油やウスターソースなどの調味料で味付けをして焼きます。

お好み焼きは生地に味をつけていないので、ソース・マヨネーズ・青のり・鰹節などをかけて食べるのが一般的。もんじゃは生地に醤油やウスターソースを加えて作るので基本そのまま食べます。

大阪はなぜお好み焼きが有名なの?

大阪はお好み焼きをはじめとし“粉物料理”が有名です。関西でお好み焼き屋が増えたのは1945年あたりと言われています。戦時中の頃、国内でお米が不足していたため、代用品としてよく使われていた小麦粉。当時は生地を薄く焼きネギなどをのせて半分に折り、ウスターソースをかけて食べる「一銭洋食」と呼ばれる子どものおやつでした。終戦以降、小麦粉を使いアレンジした“お好み焼き”が誕生し、食糧難の時代の中、関西の味として庶民に親しまれました。

お好み焼き「モダン焼き」って何?由来は?

「モダン焼き」とは、関西風のお好み焼きに焼きそばを入れた料理です。神戸のお好み焼き屋さんで、お好み焼きに焼うどんをミックスしたメニューが人気となり、モダン焼きが広まったと言われています。お好み焼きに焼きそばを加え“盛りだくさんなお好み焼き”の見た目であることから、略してモダン焼きと名付けられました。モダン焼きは主に、そばをお好み焼きに敷いて作るのと、お好み焼きでそばをサンドして作る方法があります。

 

タイトルとURLをコピーしました