スポンサーリンク

さんまにアニサキス(寄生虫)はいる?冷凍や加熱すれば食べられる?

近年食中毒の発生が増えているアニサキス(寄生虫)ですが、さんまにもアニサキスはいるのでしょうか?

アニサキス食中毒が増えてきて、生のお刺身を食べるのに抵抗がある方も多くなってきたのではないでしょうか。

今回は、生のさんまに潜むアニサキスの危険性、見つけ方や死滅させる方法など、紹介していきます!

スポンサーリンク

さんまにアニサキスはいる?どんな寄生虫?

アニサキスはイカやサバ、アジ、さんまなどの内臓にいる寄生虫の一種です。

アニサキスはイワシに寄生する

さんまにも寄生するので、生きたまま口に入れて体内に入ってしまうと、数時間後にひどい吐き気や激しい痛みなどの症状が現れるアニサキス症という感染症を起こします。

アニサキスの見つけ方

アニサキスは内臓に寄生しています。

ただ、寄生していたさんまが死んでしまうとアニサキスは内臓から筋肉(身)の方に移動してくるので、体内に入るリスクが高くなります。

さんまや鯖、イワシなどの青魚は足が早い(腐りやすい)ので、注意が必要です。

アニサキスは白っぽく2〜3cmくらいの長さなので、目視でもチェックすることができるので、内臓の近くをしっかりと確認しましょう。

鮮魚店や飲食店ではブラックライトを取り入れているところもあるそうです。

生のさんまを安全に食べる方法

内臓をキレイに取り除く

自分でさんまを捌くときは、鮮度の高いうちに処理し、内臓に近いところをよく確認しましょう。

もしアニサキスなど寄生虫を発見したら、取り除いて加熱して食べましょう。

どうしても生で食べたい場合は細かく刻んで「なめろう」にしましょう。

アニサキスは冷凍で死滅する

アニサキスは低温に弱く、5℃以下で動きが鈍くなり、−20℃で24時間以上冷凍すると死滅します。

沿岸部だと、水揚げされたさんまがそのままスーパーに並ぶことが多いです。

氷が敷き詰められた発泡スチロールにさんまがびっしりと並んでいるのは、秋ならではの光景ですね。

スーパーに並んでいる下処理済のさんまは「解凍」とパッケージに記載があればアニサキスの心配はありません。

アニサキスは加熱で死滅する

アニサキスは熱にも弱いので、加熱調理することで死滅させることができます。

70℃以上ならすぐに死滅し、60℃なら1分の加熱で死滅します。

さんまは塩焼き以外に甘露煮や蒲焼きなど、アレンジしやすい魚ですね。

アニサキスは酢漬けや塩漬けで死滅する??

アニサキスは酸に強く、体内に入っても1週間くらい生きると言われています。

酢で締めたり、塩漬けにしても死滅しないので、お刺身や生食で食べたいときは冷凍するのが安心です。

まとめ

ここまで、生のさんまに潜むアニサキスのリスク、安全な食べ方など、紹介させていただきました。

生のさんまにはアニサキスがいる可能性があります。
アニサキスは体内に入ると、腹痛や嘔吐など激しい痛みのアニサキス症を起こすことがあるので、目視でしっかりと確認しましょう。
スーパーで「生」の記載があるものや、自分で捌くときはよく確認しましょう。
もしアニサキスを見つけたら、生食はせずに加熱調理で食べるようにしてください。
アニサキスは24時間以上冷凍すると死滅するので「解凍品」は心配ありません。
加熱調理でも死滅させることができます。

生のさんまにアニサキスを見つけたら、適切な処理をして安全に食べましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました