スポンサーリンク

ベーキングパウダーはスーパーやコンビニ、100均の売り場はどこ?代用品や重曹との違いについても

パウンドケーキやマフィンなど、焼き菓子を作るときに欠かせないベーキングパウダー

しっかりと高さを出して膨らませてくれますよね。

頻繁に使うものではないので、うっかり賞味期限が切れていたり、買い忘れたり…なんてことはありませんか?

今回はベーキングパウダーがスーパーなどでどこにあるのか、おすすめの代用品や重曹どの違いなど、紹介していきます。

スポンサーリンク

スーパーのベーキングパウダー売場はどこ?

製菓コーナーにあります。

粉状なので小麦粉など粉類のコーナーにもありそうですが、製菓コーナーの寒天パウダーやドライイーストの近くにあります。

分包タイプや缶に入ったものが300円前後で販売されてきます。

日清 ベーキングパウダー 4g✕8袋

ベーキングパウダーは粉100gに対して3gくらいが適量なので、焼き菓子1回分にちょうどいい量の分包になっています。

アイコク ベーキングパウダー 100g

アイコクの缶タイプは歴史がありますね。

最近は原材料にミョウバン(アルミニウム)を使わないアルミフリーのベーキングパウダーが多く販売されています。

アルミフリーでもミョウバンを使っていても、膨らみ方はに変わりはありません。

また、ベーキングパウダーは水分に反応してしまうと膨らみが悪くなるので、空気に触れないように保存袋に入れてしっかりと空気を抜き、常温で保管しましょう。

コンビニのベーキングパウダー売場はどこ?

ベーキングパウダーを販売しているコンビニはセブンイレブンで、調味料コーナーにあります。

ローソン、ファミマでは取り扱いがありません。

セブンプレミアムの分包タイプが販売されています。

セブンプレミアム ベーキングパウダー 5g✕8袋→213円

セブンイレブンはセブンプレミアムブランドがあるので、他のコンビニでは取り扱いの調味料などが販売されていることが多いです。

調味料が急に必要になった!というときは、近くのセブンに行ってみてはいかがでしょうか?

ダイソーなど、100円ショップのベーキングパウダー売場はどこ?

製菓コーナーにあります。

ダイソー

西日本食品 ベーキングパウダー アルミフリー 70g

セリアでもアルミフリーのベーキングパウダーが販売されています。

分包タイプではないので、空気に触れないように保管しましょう。

100円ショップの製菓コーナーは充実しているので、お菓子作り初心者の方は100円ショップでいろいろな製菓材料を揃えてみてください。

ベーキングパウダーの代用品は?

①重曹

重曹はベーキングパウダーの材料でもあるので、代用することができます。

ベーキングパウダーが縦に膨らむのに対し、重曹は横に膨らんだり、苦味が出ます。

加熱すると黄色っぽくなり、ずっしりとした仕上がりになるので、レシピに合わせて代用しましょう。

https://twitter.com/neirobaby/status/1242383856436563968?t=V9H7MstOqSTLXFInKOFIsg&s=19

②ドライイースト

パン作りに欠かせないドライイーストもベーキングパウダーに代用することができます。ベーキングパウダーは混ぜ込んだらすぐに焼きますが、ドライイーストは生地を寝かせて発酵させます。

マフィンなどへの使用がおすすめです。

③ホットケーキミックス

ホットケーキミックスは、ベーキングパウダーが配合されています。

小麦粉、砂糖が入っているので、焼き菓子の生地のベースの粉類がホットケーキミックスだけでOKです。

ドーナツやパウンドケーキが計量要らずで手軽に作れますよ。

https://twitter.com/MEgzJoNTaAlZ9Ie/status/1545729604358647808?t=dgOykVuiq-v_jRyy4jdS-Q&s=19

ベーキングパウダーと重曹の違いは??

ベーキングパウダーの原材料には重曹も含まれていますが、膨らみ方や焼色に違いがあります。

ベーキングパウダー

重曹と重酒石酸カリウム、炭酸アンモニウムを混ぜたもの。

ベーキングパウダーを使うと、縦に膨らみます。

水分に反応して炭酸ガスが発生し、加熱することで生地が膨らむので、炭酸ガスがなくならないうちに、混ぜたらすぐに焼きます。

重曹

アク抜きやお掃除に使うイメージがありますが、膨張剤としても使えます。カルメ焼きが有名でしょうか?

重曹は加熱することによって膨張しますが、色が黄色っぽくなったり、苦味が出ることもあります。

また、ベーキングパウダーが縦に膨らむのに対し、重曹は横に膨らみます。

まとめ

ここまで、ベーキングパウダーについて、販売店や代用品、重曹との違いなど紹介させていただきました。

ベーキングパウダーは焼き菓子を縦に膨らませてくれます。

混ぜたらすぐに焼くことや、密閉して保管するなど、特徴を知っておくと有効に使えます。

ベーキングパウダーがないときは重曹やドライイーストでも代用できますが、横に膨らんだり、発酵に時間がかかるので、ベーキングパウダーや砂糖の入ったホットケーキミックスが手軽に使えて便利です。

ベーキングパウダーの特徴や代用品などを覚えておくと、お菓子作りに活用できますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました