スポンサーリンク

コンビニやマックで年間約5000円節約できる最強クレジットカードが誕生!?三井住友カード(NL)のご紹介

2021年2月1日に三井住友カードから、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドで5.0%還元になる新カードが発表されたのをご存知ですか?

それがこちら→『三井住友カード(NL)』です。(NL = Number Less)

コンビニとマクドナルドで 最大5.0%還元、そしてなんと、年会費が永年無料なんです!

年会費がかからない上に、高還元率という三井住友カード。

今回は、三井住友カード(NL)の5.0%還元の適用条件、おすすめの使い方、注意点、他のカードとの比較についてご紹介します!

スポンサーリンク

5.0%還元が適用される条件は?

5.0%還元が適用される条件はこちら↓↓↓

・セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、マクドナルドでの買い物時に、Visaのタッチ決済かMastercardコンタクトレスで支払う

 

これだけです!

タッチ決済、つまり、レジ前にあるタッチ決済用機器の前にカードを数秒間当てて決済すれば、5.0%還元が適用されます。

もし、タッチ決済せずに普通のクレジットカード払いをしてしまうと、2.5%還元となってしまいます。

タッチ決済だけで倍の還元率になるとは…これは知らないと損ですね!!

 

クレジットカードの還元率を他のカードと比較してみると↓↓↓

三井住友カード(NL)・・セブン-イレブン5.0%、ファミリーマート5.0%、ローソン5.0%

JCBカードW・・セブン-イレブン2.0%、ファミリーマート1.0%、ローソン1.0%

ファミマTカード・・セブン-イレブン0.5%、ファミリーマート2.0%、ローソン0.5%

dカード・・セブン-イレブン1.0%、ファミリーマート1.0%、ローソン2.0% (16:00-23:59限定)

au Payカード・・セブン-イレブン1.0%、ファミリーマート1.0%、ローソン3.0% (auユーザーなら条件次第で~5.0%)

 

比較してみてみると圧倒的に、三井住友カード(NL)がコンビニ3社全てにおいてお得であることが分かりますね!

コンビニをよく利用する人は、作らないともったいない!

『三井住友カード(NL)』おすすめの使い方

『三井住友カード(NL)』おすすめの使い方↓↓↓

・コンビニとマクドナルド専用のサブカードとして利用する

 

普段使いのクレジットカードはすでに持っているという人も、もう一枚このカードを作っておいて、コンビニやマックでの支払時には、三井住友カード(NL)を利用するという使い方がおすすめです!

5%も積もり積もれば年間約5000円の節約になるかもしれませんよ♪

『三井住友カード(NL)』の注意点

 

『三井住友カード(NL)』の注意点↓↓↓

注意点①5%還元が適用されない店舗が一部あり

・VISAのタッチ決済・Mastercardコンタクトレスが利用できない店舗が一部あるようです。お近くのコンビニでタッチ決済が出来るか確認しておきましょう。

・主に百貨店や駅ビル、ショッピングセンターなどの施設の中にある店舗や、ガソリンスタンド併設店舗などが還元対象とならないこともあるようです。

※詳細に関しては三井住友カードのホームページをチェックしてください。

 

注意点②VISAのタッチ決済の認知度が低い

クレジットカードのタッチ決済の認知がまだ低いので、コンビニでの決済時に、伝え方が悪いと、店員さんが戸惑うという場面もみられるようです。

三井住友カード(NL)を利用するときは、「クレジットのタッチ決済で」というとわかりやすく、割とスムーズに支払いができるとの事です。

 

注意点③カード番号がアプリでないと確認できない

三井住友カード(NL)は、カードの悪用を防いだりするためのセキュリティ対策として、カード番号の記載がありません。

カード番号を確認したい場合は、「Vpassアプリ」という三井住友カード専用のアプリで確認できます。

 

カードを作る前に、以上の注意点を理解しておきましょう。

他の年会費無料カードと比較

 

他の年会費無料カードと比較すると↓↓↓

 

・三井住友カード(NL)

基礎還元率: 0.50%

主な特約店: セブンイレブン:5.0%ローソン:5.0%ファミマ:5.0%マクドナルド:5.0%

海外旅行保険: 最大2000万円

対応スマホ決済: Apple Pay、Google Pay

ETCカード料金:無料

その他特徴: カード番号の記載が無し、タッチ決済対応、選択した最大3店舗の還元率が0.5%アップ

 

・JCBカードW

基礎還元率: 1.00%

主な特約店: Amazon:2.0%、セブンイレブン:2.0%、スターバックス:5.5%、ウェルシア:1.5%、ビックカメラ:1.5%

海外旅行保険: 最大2000万円

対応スマホ決済: Apple Pay、Google Pay

ETCカード料金:無料

その他特徴: 18~39歳限定、プロパーカード

 

・オリコカード ザ ポイント

主な特約店: 楽天市場:1.5%、Amazon:2.0%、Yahooショッピング:2.0%、じゃらん:2.5%

海外旅行保険: なし

対応スマホ決済: Apple Pay、楽天ペイ

ETCカード料金:無料

その他特徴: ・ポイント有効期限が12ヵ月、延長なし

 

・楽天カード

主な特約店: 楽天市場:3.0%

海外旅行保険: 最大2000万円(ツアー代金支払時のみ)

対応スマホ決済: Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ

ETCカード料金: 550円(ダイヤモンドorプラチナ会員は無料)

その他特徴: SPU利用で楽天市場が更にポイントアップ、審査が緩い

 

ネット通販なら、JCBカードW、オリコカード ザ ポイントや楽天カード。コンビニなら三井住友カード(NL)とそれぞれのメリットを見極めて、よく利用すると思うカードを選びたいですね!

三井住友カード(NL)は、コンビニ3社とマクドナルドでの高還元率に加え、海外旅行保険も付いているので、1枚あると便利です!

まとめ

今回は、三井住友カード(NL)の5.0%還元の適用条件、おすすめの使い方、注意点、他のカードとの比較についてご紹介させていただきました!

・5.0%還元が適用される条件は、Visaのタッチ決済かMastercard®コンタクトレスで支払うこと。

・『三井住友カード(NL)』おすすめの使い方は、コンビニとマクドナルド専用のサブカードとして利用する。

・注意点は、①5%還元が適用されない店舗が一部あり。②VISAのタッチ決済の認知度が低い。③カード番号がアプリでないと確認できない。

・コンビニやマックをよく利用するなら三井住友カード(NL)!

 

これからは、現金よりキャッシュレスでお得に節約上手に!

最後までご覧いただきありがとうございました!!

タイトルとURLをコピーしました