スポンサーリンク

セブンイレブンの「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」の販売期間はいつまで?価格や糖質、カロリーや試食レビューも

こんにちは。

ほうじ茶はほどよい香ばしさが甘味と良く合うことに気が付いたとまとです。

セブンイレブンの商品棚を見ると、栗や白玉が載ったパフェを見つけさっそく購入しました。

 

今回は、セブンイレブン「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」の販売期間試食レビュー、カロリーと糖質についてご紹介します。

スポンサーリンク

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」の販売期間は?

販売期間    1月26日~

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」1月26日から九州・沖縄県以外の全国のセブンイレブンで販売中です。

セブンイレブンの公式サイトには、各都道府県で販売中のスイーツが掲載されているので参考にすると、確実に購入できますよ。

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」 (税込300円)

パフェを上から見ると・・

栗・白玉・あんこ・ほうじ茶ホイップがちらりと見えます。

和風素材が盛り沢山のパフェといったところでしょうか。

シールのイラストには

上から順に

栗・粒あん・白玉・ほうじ茶ホイップ

ホイップクリーム

ほうじ茶ムース

黒糖わらび餅

4層仕立てです。

わらび餅の存在感が目を引きます。

ふたを開けてみました。

上の具材は意外とコンパクトにまとめられています。

下に行くほど味わいも変化するのでしょうか。

詳細が気になりますね。

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」の詳細

セブンイレブンの公式サイトによると、

黒糖わらび餅の上にほうじ茶ムース、ホイップクリームをのせ、栗、白玉、粒あん等をトッピングしたほうじ茶パフェです。

と紹介されています。

パフェ全体のバランス具合が気になりますね。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」を試食

まずは一口いただきます。

初めはほうじ茶ホイップから掬います。

一口目からほうじ茶の香りとホイップの甘さが上品に抜けていきます。

甘さを足したい時は甘さの強い粒あんを合わせると美味しいです。

白玉は安定のもちっとした食感でスプーンに乗せやすく食べやすい大きさです。

具材の下のホイップクリームは甘く、一瞬洋風の味に変化します。

その下にはほうじ茶ムース滑らかな口当たりでほうじ茶の香りを後味に残します。

一番下の黒糖わらび餅は、お餅感よりもくず餅に近い仕上がりで、するするとした食感です。

ほうじ茶の後に黒糖の素朴な甘さを感じすっきりと消えていきます。

ごちそうさまでした。

最後は栗の食感を楽しみながら完食です。

おすすめの食べ方は、

初めはほうじ茶ホイップがおすすめです。

どこから掬っても良いですが、ほうじ茶ホイップを先に味わうとあっという間にほうじ茶の香りが広がりますよ。

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」の気になる糖質とカロリーは?

カロリー      280kcal

糖質              37.6g

「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」のカロリーは280kcalで今までに販売された和パフェのカロリーが237kcalと比べると少し高めです。

 

コンビニのパフェスイーツは価格も300円台とコスパに優れていて、カロリーも200kcal台と程よいため、プチご褒美として購入したくなります。

まとめ

セブンイレブンの「黒糖わらび餅のほうじ茶パフェ」は、

 

安定の栗・粒あん・白玉と香りの良いほうじ茶ホイップを上品に味わいながら、

一瞬洋風の味に変化するホイップクリーム、

滑らかな口当たりでほうじ茶の香りを後味に残すほうじ茶ムース、

くず餅に近い仕上がりで、するするとした食感の黒糖わらび餅をバランス良く組み合わせた

ほうじ茶の香りでスプーンが進んでしまう和パフェです。

和素材の香りと甘味を味わってみましょう。

お近くのセブンイレブンでぜひ探してみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました