スポンサーリンク

ローソンの「チョコ2シュー」は一口食べた瞬間にチョコ×チョコ=チョコシューな世界の美味しさで本当にチョコまみれになる!?

こんにちは。

シュークリームはしっとりした皮とクリームの相性の良さにほっこりしてしまうとまとです。

ローソンの商品棚を見ているとチョコに包まれたシュークリームを発見し、さっそく購入しました。

 

今回は、ローソン「チョコ2シュー」試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

「チョコ2シュー」税込200円

チョコシューを上から見てみます。

パッケージの上部に、「2種のチョコでチョコまみれシュー」と書いてあります。

チョコを2種類使ったチョコレート感たっぷりのシュークリームみたいですね。

うっすらとダイスチョコが見えます。

 

中身が気になりますね。

 

袋からチョコシューを取り出してみました。

シュー皮全体が隠れるくらい、チョコレートがコーティングされています。

チョコの甘さがじんわりと香ってきますね。

シューの上には食感の良さそうなチョコダイスが載せられています。

美味しそうですね。

 

チョコシューを半分に切ってみました。

シュー皮の中にはチョコレートクリームがたっぷりとつまっています。

まさにチョコまみれな作りですね。

良くみると、チョコレートクリームの中に濃いめのチョコが入っています。

 

詳細はどうなっているのでしょうか。

 

「チョコ2シュー」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

チョコペーストを練り込んだ生地で焼きチョコを包んだパフに、生チョコを使用したガナッシュクリームを注入しました。

表面をチョコでコーティングし、ダイス状のチョコをトッピングしました。

チョコ好きにはたまらないチョコずくしのシュークリームです。

ということです。

なにからなにまでチョコレートなチョコ1品に絞ったチョコシューな世界が気になります。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

 

「チョコ2シュー」を試食

まずは1口目からいきます。

1口食べた瞬間に、

チョコ×チョコ=チョコシューの世界に連れて行かれます。

 

シューの中にたっぷりと入っているガナッシュクリームは、

強い甘さとほのかなカカオ感

主役級の美味しさです。

滑らかな仕上がりでゆっくりと溶けていきます。

 

ガナッシュクリームの間に入った焼きチョコは、

ビター感たっぷりのブラウニー風の仕上がりで、

カカオの甘さと苦味を同時に味わえますよ。

 

チョコペーストが練り込まれたシュー皮は、

カカオの風味を残した仕上がりで、焼き上がりの芳ばしさがあって美味しいです。

焼きチョコやクリームとも良く合っていますね。

 

シューの上に載せられたチョコダイスは、

コリコリとした食感があり良いアクセントになっています。

濃厚なチョコの甘さがあり美味しいですよ。

 

ごちそうさまでした。

濃厚なチョコシューの世界が後味として残ったままです。

 

おすすめの食べ方は、

ケーキの様にフォークで!

です。

そのまま食べても良いのですが、シューにケーキ同様のボリュームがありチョコも溶けてくるため、

フォークを使って味わうことでじっくりとチョコシューの世界を堪能できますよ。

 

「チョコ2シュー」の気になる糖質とカロリーは?

カロリー  377kcal

糖質          29.1g

「チョコ2シュー」のカロリーは377kcalとなっていて、普通のチョコレートシュークリームのカロリーが288kcalな事を考えると、

チョコレートケーキ(370kcal)と同様のカロリーとなっています。

糖質は29. 1gと抑え目ですが、ケーキの変わりに食べても良い商品だと思います。

 

まとめ

ローソン「チョコ2シュー」は、

 

強い甘さとほのかなカカオ感のある主役級の美味しさなガナッシュクリームと、

ビター感たっぷりのブラウニー風な仕上がりカカオの甘さと苦味を同時に味わえる焼きチョコが、

カカオの風味を残した仕上がり焼き上がりの芳ばしさがあるシュー皮とほどよく合わさり、

コリコリとした食感のあるチョコダイスが良いアクセントになっている、

 

チョコ×チョコ=チョコシューの世界に連れていかれる

ケーキの様なチョコレートシュー

です。

 

チョコシューの世界を1度味わってみましょう。

 

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「チョコ2シュー」を探してみてくださいね。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました