スポンサーリンク

ローソンの新作「生杏仁」は、ぷるぷるから滑らかさにとろける瞬間が美味しい!

こんにちは。

カレーライスの後のデザートは杏仁豆腐をおすすめしたいとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、純白なデザートを発見しさっそく購入しました。

今回は、ローソンの新作「生ANNIN(生アンニン)」の試食レビューと気になるカロリーと糖質についてご紹介します。

スポンサーリンク

「生ANNIN(生アンニン)」税込195円

商品を上から見てみます。

赤地に白い文字で生アンニンと記されています。

色がはっきりしているので、商品棚でも目立ちますね。

ふたの下から白い杏仁がちらりと見えています。

カップの中が気になりますね。

ふたを開けてみました。

カップを持つとゆらゆらと杏仁が動きます。

柔らかい仕上がりなのでしょうか。

カップからは、優しいミルクの甘味がほんわりと香りかすかに杏仁を感じますね。

横から見てみます。

カップ全体に杏仁が入っていますね。

飲料じゃないかと思うくらい、滑らかなのが横から見ても伝わってきます。

さて、詳細はどうなっているのでしょうか。

「生ANNIN(生アンニン)」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

北海道産の生クリームを使用した、ミルクとコクととろける食感が特徴の杏仁です。

ということです。

生クリームがどのようにとろけるのか気になりますね。

さっそく食べてみましょう。

「生ANNIN(生アンニン)」を試食!

まずは一口目からいきます。

スプーンの上では、

柔らかでぷるぷるした杏仁が、

口の中に入れた瞬間に、

あっという間に滑らかにとろけます!

一瞬の内にぷるぷるから滑らかに変わるので少しずつ食べながら、何度も変化を楽しめますよ。

杏仁に使われている生クリームは、

牛乳の自然な甘さが感じられ、あっさりとした美味しさです。

杏仁の風味がとろける事で

ふわっと広がるので、

後味として爽やかな杏仁の香りがスッと抜けていきます。

生クリームと杏仁のバランスもちょうど良い仕上がりです。

室温で食べると更に杏仁がとろけていきます。

杏仁のあまりの滑らかさに食べ終わるのがもったいないくらいです。

ごちそうさまでした。

あっさりと杏仁がとろけていくので食べやすく、最後まで滑らかさを味わう事ができました。

おすすめの食べ方としては、

食後のデザートにすべし!

です。

和食、洋食どちらとも相性が良く、食べやすいので合わせて見ると良いですよ。

「生ANNIN(生アンニン)」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー  124kcal

糖質          26.4g

「生ANNIN(生アンニン)」のカロリーは124kcalとなっていて、一般的な杏仁豆腐が134kcalなことを考えると、低カロリーな商品となっています。

カロリー制限を行っている方や、固いものが苦手な方でも食べやすい商品です。

糖質も26.4グラムと抑えられていますよ。

まとめ

ローソン「生ANNIN(生アンニン)」は、

柔らかでぷるぷるとした杏仁が、口に入れた瞬間、あっという間にとろけてしまい、

牛乳の自然な甘さが特徴的な滑らかな生クリームのあっさりとした美味しさと後味として爽やかに抜けていく杏仁のバランスがちょうど良い、

食後に味わえる万能な杏仁

です。

ランチタイムのデザートとして一度味わってみましょう。

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「生ANNIN(生アンニン)」を探してみてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました