スポンサーリンク

セブンイレブンの「豚ロース生姜焼き弁当」口コミ!カロリーや糖質も!

豚ロース生姜焼き弁当
(税込 537円)

こんにちは、ぱっちょです。

今回は、セブンイレブンのお弁当から「豚ロース生姜焼き弁当」のご紹介です。

今回のお弁当で使用されている「ロース」は、お肉の部位で言うと肩から腰にかけての背肉を指します。

「ロース」は「roast」(長時間加熱)しやすい部位から転化したという話もありますが、焼肉やしゃぶしゃぶなど、薄切りにして短時間で調理する食べ方でもなじみがありますね。

この記事では、「豚ロース生姜焼き弁当」の購入から実食までのレビューを紹介しています。

ドドンと豚ロース!

スポンサーリンク

「豚ロース生姜焼き弁当」を購入してきた

お昼になったので、お弁当を買いに出かけました。

今日の気分は、「お肉!」、そして「白飯!

いつものセブンイレブンで、お弁当コーナーに直行します。

ソースチキンカツ

ちょっとカツの気分ではないですね。

(個人の感想です)

炭火焼き牛カルビ

ちょっとカルビの気分でもないですね。

(個人の感想です)

豚ロース生姜焼き

うん、ビビッときました。

豚肉と生姜なら、疲労回復の効果も期待してしまいます。

お値段は税込で537円と、少し「ワンコインオーバー!」(支払いはキャッシュレス!)

でも、本日のお昼は「豚ロース生姜焼き弁当」に決定です!

お店で少し熱めに温めてもらい、いそいそと帰ります。

「豚ロース生姜焼き弁当」のカロリーは?

豚ロース生姜焼き弁当
1包装当たりの栄養成分表示

「豚ロース生姜焼き弁当」の1包装当たりの栄養成分表示は次の表のとおりです。

1包装当たりの栄養成分表示(推定値)
熱量 658 kcal
蛋白質 25.6 g
脂質 21.5 g
炭水化物
(糖質・食物繊維)
92.8 g
(88.3 g・4.5 g)
食塩相当量 2.2 g

「豚ロース生姜焼き弁当」のアレルゲン

豚ロース生姜焼き弁当
のアレルゲン

「豚ロース生姜焼き弁当」のアレルゲンは次のとおりです。

「豚ロース生姜焼き弁当」のアレルゲン
乳成分 小麦 ゼラチン 大豆 鶏肉 豚肉 りんご ごま

「豚ロース生姜焼き弁当」を観察してみた

帰宅し、お弁当をテーブルに置いて観察します。

エコバッグから取り出す際に、バッグの内側から甘じょっぱそうな匂いが立ち上ります。

全体イメージ

包装をはがし、ふたと内側のフィルムを取ります。

ふたオープン!

ふたを開けると、ほのかに甘じょっぱそうな匂いを感じます。

お弁当は、白飯エリア豚ロース生姜焼きエリアに分かれています。

白飯には黒胡麻が振られ、豚ロースは、大きめのものが2枚と、細かいものが合わせて1枚分ほどのっていました!

副菜!

豚ロース側の片隅には副菜としてポテトサラダ大根漬物が付き、豚ロースの下にはスパゲティが隠れています。

お弁当の高さはこんな感じ!

「豚ロース生姜焼き弁当」を食べてみた

いただきます!

豚ロース生姜焼きと白飯を食べてみた

さっそく豚ロースを一切れつまんで一口ぱくり。

大きいので二つ折りし、箸でさらに二つ折り!

二つ折りにした豚ロース生姜焼き!

口元に近づけた際にほのかな生姜の香りがします。

口に含むと、塩気も甘味も思ったより薄めで、遅れてコクと生姜の風味がジワリと広がります。

噛むと、しっかりした歯ごたえがあり、噛むほどにたれと豚肉の旨味が溢れます

生姜のスパイシーさ豚ロースの旨味が後味として残り、白飯が欲しくなります。

そこで白飯を一つまみぱくり。

白飯!

しっとり、かつ、ハリがあり、噛むと甘味を感じます。

時折、黒胡麻を噛んでプチっとした食感と風味も味わいます。

副菜やスパゲティを交えて食べてみた

次に、ポテトサラダを一口ぱくり。

ポテトサラダ

口に含むと柔らかな酸味滑らかな舌触りを感じ、時折、人参の固めの食感を味わいます。

そして、後味としてなぜか生姜のスパイシーさをはっきりと感じます。(不思議!

また豚ロース生姜焼きと白飯を堪能し、今度は大根漬物を一切れぱくり。

大根漬物

かすかに甘みを感じつつもはっきりとした酸味が広がり、口の中がさっぱりした感じになります。

コリっとした食感も、豚ロースとも白飯とも違ってよいですね。

再度、豚ロース生姜焼きと白飯を堪能し、姿を現しつつあるスパゲティを一つまみしてぱくり。

スパゲティ

味付けは豚ロースと同じのようで、甘じょっぱさと生姜のスパイシーさを感じます。

白飯と比べるとモチっとした食感で、甘味はありません。

その分、後味には生姜のスパイシーさが刺激のようにしっかり残ります

「豚ロース生姜焼き弁当」を食べ終えて

心の赴くままに箸を進め、豚ロース生姜焼き弁当を食べ進めます。

空っぽ!

ごちそうさまでした!

口の中に生姜の刺激を余韻として感じながら、「豚ロース生姜焼き弁当」を思い返します。

思ったよりも生姜焼きのたれは口当たりが薄味でしたが、その分、豚肉の旨味を感じやすくなっています。

また、副菜のポテトサラダと大根漬物がそれぞれに異なる酸味を提供してくれるため、豚ロースの生姜焼きを繰り返し新鮮な感覚で楽しめました。

白飯の量がたっぷりあるので、満腹感も十分に得られます。

個人的には、もう少し濃い目の味付けでもよかったかな、と思います。

まとめ

「豚ロース生姜焼き弁当」のレビュー、いかがだったでしょうか?

「お肉と白飯」を求めて購入し、大きめの豚ロース生姜焼きとしてたっぷりの白飯とともに堪能しました。

これが税込537円でご購入いただけます!

「豚ロース生姜焼き弁当」、いかかでしょうか

タイトルとURLをコピーしました