スポンサーリンク

ローソンのカプケ新作「CUPKE 珈琲ショコラ」はコーヒーゼリーのコクと苦味がクセになるビターテイストなスイーツ!

こんにちは。

コーヒーゼリーは、夏でも冬でも常備しておきたいとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、カプケの新作を見つけ、さっそく購入しました。

今回は、ローソン「CUPUKE 珈琲ショコラ」の試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

「CUPKE 珈琲ショコラ」税込315円

カップを上から見てみます。

光沢感のあるコーヒーゼリーが、見えます。

見た目はツヤツヤしていますね。

コーヒーゼリーはよく見るとキューブ型をしています。

もう少し詳しく見てみましょう。

 

カップのふたを開けて見ました。

コーヒーゼリーの上には、よくみると金箔らしきパウダーがかけられています。

ゴージャスで贅沢な仕上がりですね。

 

コクと苦味のあるコーヒーの香りが強く残ります。

大人向けのカプケなのでしょうか。

 

中身はこの様になっています。

上から順に

キューブ型コーヒーゼリー(苦み)

ショコラクリーム

チョコブラウニー

コーヒーゼリー(甘み)

4層になっています。

スプーンで崩しながら食べると良さそうですね。

 

「CUPUKE 珈琲ショコラ」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

ブラジル産アラビカ種を使用したコーヒー入りの風味豊かなゼリーと、口どけのよいショコラクリーム、チョコブラウニーが入ったカップ入りのケーキです。

ということです。

 

ブラジル産アラビカ種コーヒーの風味がカプケにどのように組み合わされているのかが気になりますね。

ショコラクリームとチョコブラウニーは中に隠れているのでしょうか。

 

お腹がすいてきました。

さっそく食べてみましょう。

 

「CUPKE 珈琲ショコラ」を試食

まずは1口目からいきます。

キューブ型のコーヒーゼリーは、

深みのある苦みとコクがあり、

味わうことでコーヒーの酸味が広がっていきます。

 

コーヒーゼリーだけで食べても、

じっくりと淹れたコーヒーを味わっているかのような印象の強い仕上がりのため、

コーヒー通はクセになる!

美味しさです。

 

コーヒーゼリーの下には、ショコラクリームが隠されており、

甘さと少しのカカオ風味

のある滑らかなクリームです。

コーヒーゼリーと合わせて食べると

甘さとコクのバランス感

相性としてはよいですね。

 

チョコブラウニーは、

チョコの甘さが+されている

ので、甘さを増やしたい時に一緒に味わうとチョコレート感が強く残ります。

 

カップの一番下には、甘く仕上げたコーヒーゼリーが敷いてあり、

最後は甘さでまとめている!

ため、食べやすくなる工夫がカップ一杯につまっていますね。

 

ごちそうさまでした。

コーヒーのコクがいつまでも残り、

じっくりと味わうことができました。

 

おすすめの食べ方は、

常温でコーヒーを飲むように!

です。

冷蔵庫から出した後に、常温で2分くらい置くと、カップでコーヒーを飲むようなコクと深みをより強く味わうことができますよ。

 

「CUPKE 珈琲ショコラ」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー  220kcal

糖質          27.7g

「CUPUKE 珈琲ショコラ」のカロリーは220kcalとなっていて、コーヒーゼリーを使ったデザートの中では若干高めです。

全体的に甘さが抑えられているため、甘さが苦手な方やコーヒーはブラックで飲むのが好きな方にも、食べやすい工夫がされた商品です。

 

まとめ

ローソン「CUPKE 珈琲ショコラ」は、

苦みとコクと後味の酸味が奥深いキューブ型のコーヒーゼリーのクセになる美味しさと、

 

甘さと少しのカカオ風味のショコラクリームとチョコの甘さが+されたチョコブラウニーが甘さの調整役になっていて、

 

甘く仕上げられたコーヒーゼリーを下に敷く事で最後は甘さでまとめられた

大人のビター感を味わえるカプケです。

コーヒー通の方は一度食べてみることをおすすめします。

 

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「CUPKE 珈琲ショコラ」を探してみてくださいね。

 

 

タイトルとURLをコピーしました