スポンサーリンク

ローソンの「苺のミニホールケーキ」は生クリームとケーキの立体感のある美味しさであっという間に食べきれる!

こんにちは。

生クリームケーキは、きっちり冷やして食べるのが好きなとまとです。

ローソンの商品棚を見ていると、可愛らしいホールケーキに目が止まり、さっそく購入しました。

今回は、ローソンの「苺のミニホールケーキ」の試食レビューとカロリーと糖質についてご紹介します。

スポンサーリンク

「苺のミニホールケーキ」税込550円

ケーキを上から見てみます。

たっぷりと盛られた生クリームの上に苺が可愛らしく2個載っています。

苺の上には粉砂糖がふるわれていて、まるでパウダースノーの様に見えます。

ふたの中身はどうなっているのでしょうか?

ふたを開けてみました。

開けた瞬間に生クリームの甘い香りがフォワーっとします。

香りだけでもケーキを食べているかのようです。

何だかお腹がすいてきました。

ケーキの周りのフィルムを外すとどうなっているのでしょうか。

フィルムを外してみました。

ケーキのサイズは小振りなお茶碗ほどの大きさで、見た目からは1人でも食べきれそうです。

生クリームの下のスポンジケーキは2段重ねになっています。

スポンジケーキの間にも生クリームが挟んであります。

生クリーム好きにはたまらないですね。

さて、詳細はどうなっているのでしょうか?

「苺のミニホールケーキ」の詳細

ローソンの公式サイトによると、

口どけがよく乳味とコクを感じられるホイップクリームを使用し、

ふんわりとしたスポンジで果肉感のある苺ブレザーブを1層サンドし、苺2粒をトッピングした、3号サイズのショートケーキです。

1人でも食べきれる小振りなサイズのケーキです。

ということです。

スポンジケーキの間の苺ブレザーブが気になりますね。

また、本当に1人で食べきれるのでしょうか?

さっそく食べてみましょう。

「苺のミニホールケーキ」を試食

まずは一口目からいきます。

生クリームは軽い仕上がりで爽やかなミルクのコクがあり、

飽きのないホイップ感

スプーンがどんどん進みます。

スポンジケーキとのバランスが良く、一緒に食べると

もっちり+フワッとした食感

があり美味しいですね。

スポンジケーキが2段になっているため崩れる事なく綺麗に食べ進めていけます。

スポンジケーキは、甘さが抑えられて軽さはありますが、

味わうほどにもっちり食感に変化

するため、蒸しケーキの様な食べ応えがあります。

スポンジケーキの間に苺のリザーブが挟まれていてスプーンで掬うと、

苺の生クリームを味わっているように変化するので、苺の酸味と生クリームの甘さが同時に口の中に広がっていきます。

生クリームの上の苺は、酸味が強めでケーキの甘さを抑えていますよ。

ケーキを最後まで味わえる様に創意工夫がされていますね。

ごちそうさまでした。

ケーキのもっちり感でお腹がいっぱいです。

ケーキと生クリームにほどよい固さがあり、意外とあっさり食べきる事ができました。

おすすめの食べ方は、

冷やすと崩さず食べきれる!

です。

生クリームがとける事なく味わえ、苺の酸味もより強くなるので、あっという間に完食することができますよ。

「苺のミニホールケーキ」の気になるカロリーと糖質は?

カロリー  329kcal

糖質          24.0g

「苺のミニホールケーキ」のカロリーは329kcalとなっていて、一般的な苺のショートケーキのカロリーが366kcalな事を考えると、ホールケーキとしては低めなカロリー設定です。

ミニホールケーキ一個がショートケーキ1個分のカロリーで抑えられるなら、食べたいと思わせる様な商品です。

また、糖質も24.0gと低く、食べきれる様に計算されていると思います。

まとめ

ローソンの「苺のミニホールケーキ」は、

飽きのないホイップ感のある生クリームと、

味わうほどにもっちり食感に変化するスポンジケーキが、

酸味豊かな苺と合わさり、どんどんスプーンが進んでいく、

食べきれちゃうホールケーキ!

です。

ちょっとした自分へのご褒美に味わってみる事をおすすめします。

ローソンに立ち寄った際は、ぜひ

「苺のミニホールケーキ」を探してみてくださいね。

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました