スポンサーリンク

ココアとコーヒーの違いとは

ココアとコーヒーの違いとは

この記事では

・ココアとは

・コーヒーとは

・ココアとコーヒーの違いとは

・意外と知らないコーヒーの種類

についてまとめました。

結論!ココアとコーヒーの違いは原料やカフェインの含有量にありました。

原料の違いでは、コーヒーはコーヒー豆から作られた飲み物であり、ココアはカカオ豆から作られる飲み物であるという違いがあります。

また、100mlあたりのカフェイン量で比べてみると、

・コーヒー 60mg

・ピュアココア(無調整ココア)0.2g

と、コーヒーに比べてココアのカフェイン量は微量であることが分かりました。

 

スポンサーリンク

ココアとは

 

ココアは、原料であるカカオ豆を焙煎し、粉砕したあとにペースト状に煮つめ、脂肪分を除いて粉末にしたココアパウダーを、お湯や牛乳などに混ぜて溶かした飲みものです。

ドリンクとして飲む場合は、飲みやすくするために砂糖や粉乳などを配合し「調整ココア」として飲まれています。

お湯や牛乳を注ぐだけですぐ飲め、子供から大人まで幅広い方に人気のドリンクです。

ココアの原料であるカカオ豆の栄養成分「カカオマスポリフェノール」は抗酸化力が強く、生活習慣病の予防、ストレス防止、リラックス効果、血行促進、冷え性改善などの効果があると言われています。

また、食物繊維を含むココアは食前に飲むことでダイエット効果があると言われています。

朝食の前に飲むと1日代謝が上がりやすくなることから痩せやすく、夜寝る前に飲むと良い睡眠につながり、脂肪を分解する成長ホルモンの分泌を促せます。

しかし、1杯当たりのカロリーは高いため、飲み過ぎには注意をした方が良いでしょう。

 

コーヒーとは

コーヒーとはコーヒーの木という植物になる果実の中の種子「コーヒー豆」を乾燥させて焙煎したものを粉砕し、お湯で抽出した飲み物です。

カフェイン飲料では代表ともいえる世界中で人気のドリンクです。

コーヒー豆の種類やコーヒーの淹れ方、コーヒーのメニューも様々あります。

コーヒーに含まれるカフェイン」は、神経や筋肉を刺激する作用があるので、肉体の疲労を回復させる効果や覚醒作用などもあり、仕事の休憩中などに飲む方も多いのではないでしょうか。

他にも動脈硬化や心血管病を予防する効果が期待される飲み物です。

しかし、カフェインの摂り過ぎによって神経が過剰に興奮させられると、消化器官にも刺激が及び、下痢や吐き気、嘔吐などの症状がでたり、胃酸過多になる場合もあるので注意しましょう。

 

ココアとコーヒーの違いとは

コーヒーとココアは味そのものが違いますが、他の違いについても着目してみました。

まずは原料です。

コーヒーはコーヒー豆から作られた飲み物ココアはカカオ豆から作られる飲み物です。

コーヒーは粉末状のもの、豆の状態で販売されているものと販売されている姿がそれぞれ異なりますが、ココアは製造工程上、粉末状のものしか販売されません。

次にカフェインの含有量についてです。

コーヒーはカフェイン飲料としてよく認知されていると思いますが、ココアには一体どの位カフェインが含まれているのでしょうか。

100mlあたりのカフェイン量で比べてみると、

コーヒー 60mg

ピュアココア(無調整ココア)0.2g

と、ココアに含まれるカフェインはコーヒーに比べるととても少ないことが分かります。

さらに砂糖や脱脂粉乳を加えた調整ココアの場合は微量とされています。

どちらも優れた効能を持つ飲み物なので、上手に飲み分けて楽しめると良いでしょう。

意外と知らないコーヒーの種類

カフェなどのメニューでたくさんのコーヒーの種類があり、迷った経験はありませんか?

ここでは基本のコーヒーの特徴を紹介していきます。

・ブレンドコーヒー

ドリップコーヒーの中でも主役級のブレンドコーヒー。

その名の通り、複数の産地のコーヒー豆を、割合を決めてブレンドし淹れたコーヒーは、お店の個性や味へのこだわりが最も現れ、ストレートコーヒーだけでは出せない風味が出ます。

・アメリカンコーヒー

アメリカンコーヒーは、通常よりも浅く煎った豆で淹れたコーヒーで、コーヒーの苦味が抑えられ、口当たりがさっぱりしているのが特長です。

日本独自の文化ですが、コーヒーをお湯で薄めたコーヒーを指す場合もあります。

・ウィンナーコーヒー

ウィンナーコーヒーはコーヒーの上に泡立てたクリームを乗せたものです。

甘いホイップが、コーヒー本来の苦味や深みを引き立たせてくれたり、混ぜずに飲んで甘さと苦さのコントラストを楽しむこともできます。

・カフェオレ

カフェオレはドリップコーヒーに温かいミルクをたっぷり混ぜ合わせたものです。

ミルクのまろやかさを加えた口当たりの良さが、コーヒーの苦みが苦手な方にも飲みやすく、老若男女に愛されています。

・エスプレッソ

エスプレッソは粉末状に挽いたコーヒー豆に圧力をかけて一気に抽出したもので、雑味がなく濃厚な風味と深い香りが特徴です。1杯の量も少なく、「デミタスカップ」という小さなカップに25〜30ccほど入れます。

・カフェラテ

カフェオレと間違えやすいですが、エスプレッソコーヒーにミルクを混ぜ合わせたものがカフェラテです。

・カプチーノ

エスプレッソコーヒーに温かいミルクと泡立てたミルクの2種類のミルクを加えたものです。

泡立てたミルクのなめらかさで口当たりが良いのが特徴です。

・カフェモカ

エスプレッソにチョコレートシロップと温かいミルクを組み合わせたコーヒーで、チョコレートの甘みとほのかな苦味を同時に味わうことができます。お店によっては、さらにホイップクリームやチョコレートソースなどをかける場合もあります。

タイトルとURLをコピーしました