スポンサーリンク

【マック】月見バーガー2022のカロリーや糖質を調査

マックの秋といえば月見バーガー

2022年の月見バーガーシリーズは、新作「こく旨 すき焼き月見」が仲間入りして、9月7日(水)から期間限定で販売されます。
食欲の秋に気になってくるのが、カロリーや糖質ですね。

今回は、月見バーガー2022のカロリー・糖質を調査しました。

スポンサーリンク

月見バーガー2022のカロリー・糖質は??

発売前で、公式サイトではまだ発表されていなかったので、昨年の月見バーガーシリーズのカロリー・糖質(炭水化物)を調べてみました。

9/9(金)栄養情報を更新しました。

月見バーガー


〈2021年〉
カロリー→408kcal、糖質→26.8g

2022年も同じ数値でした。

毎年人気の「月見バーガー」は、月に見立てたぷるぷるたまご、100%ビーフパティ、スモークベーコンに、濃厚なトマトクリーミーソースがマッチしています。

チーズ月見

〈2021年〉
カロリー→458kcal、糖質→27.4g

2022年も同じ数値でした。

「月見バーガー」にコクのあるとろけるチェダーチーズが美味しいチーズ好きの方におすすめのバーガーです。

こく旨 すき焼き月見


〈予想〉
カロリー→550kcal、糖質→30g前後

カロリー→531kcal、糖質→34.5g

新発売の「こく旨 すき焼き月見」「チーズ月見」にすき焼きフィリングがプラスされているので、その分数値が高くなるでしょう。

月見マフィン


〈2021年〉
カロリー→509kcal、糖質→26.2g

2022年も同じ数値でした。

朝にも「月見バーガー」を味わえる「月見マフィン」は、イングリッシュマフィンでぷるぷるたまご、ソーセージパティ、スモークベーコンを、トマトクリーミーソースを加えてサンドしています。

レギュラーメニューのハンバーガー(256kcal/30.3g)と比較すると、カロリーは高いですが、糖質はやや低めになっています。
これは糖質を控えたい方にはうれしいですね。

バリューセットにするとカロリー・糖質はどのくらい増える??

バリューセットにしたときの、サイドメニューのカロリー・糖質はこちらです。

ポテトM

カロリー→410kcal、糖質→51.0g

サイドサラダ

カロリー→10kcal、糖質→2.3g

※ドレッシングを低カロリー玉ねぎ(7kcal/1.2g)と焙煎ごまドレッシング(101kcal/2.4g)から選べます。

枝豆コーン

カロリー→83 kcal、糖質→9.6g

ヨーグルト

カロリー→59kcal、糖質→9.7g

ポテトMが一番数値が高く、サイドサラダ(低カロリー玉ねぎ)が一番低くなっています。
その差はカロリーで約300kcal、糖質で約45gとかなり大きいですね。

ドリンクはカロリーゼロ&糖質ゼロというメニューもありますが、マックシェイクやコーラを選ぶと、総カロリーは1,000kcal超え、糖質も100gを超えてしまうこともあるので、ダイエット中だけど月見バーガーが食べたい!という方は参考にしてみてくださいね。

まとめ

ここまで、月見バーガー2022のカロリー・糖質を紹介させていただきました。

月見バーガー2022のカロリー・糖質は昨年と同じくらいの数値で、新作の「こく旨 すき焼き月見」が一番高くなると予想されます。
バリューセットにする場合は、サイドメニューやドリンクで総摂取量が大きく変わるので、詳細は公式アプリのメニューから確認してみてください。

セットメニューでカロリー・糖質を調整すれば、今年もマックの月見バーガーを存分に味わえますよ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました